社会人としてのうまい時間の使い方5つ【脳を成長させよう】

けんぞう

田中けんぞう

神奈川で家賃2万の家に住むフリーライター。メディア作り・プログラミング・読書が趣味

 

実績もスキルも無いけれど、とりあえずフリーランスになってみたけんぞうです。今日も家賃2万の少し傾いた家からお届けします。

今日は時間管理について、ちょいと書いていきます。科学的な知識に基づいてますので、信頼して読んで頂けるかと。

週の労働時間が60時間を超えると生産性が低下

 

ある研究では男女7500名を対象に調査を行ない、以下のことが分かっています。

  • 週35時間の労働時間を超えると、認知機能にマイナスの影響
  • 週60時間の労働時間を超えると、普段全く働いていない人並みに認知機能が低下

参照元:生産性の法則

会社員の方々としては、週35時間はちょっと非現実的かもしれないですが、あくまで週40時間あたりが生産性低下の目安なんだねってことを心に留めていただければと思います。

フリーランスの方は、できれば時間をうまく使って労働時間は週35時間以内に収めつつ、残りの時間で勉強したり新しいことを始めるのが良いかと。


1.自然の中を散歩する

学生たちに壮大な自然の動画を見せた実験では、自然を観た学生は66%時間が長くなったと感じたそうです。

自然のパワーは壮大でストレスを解消したりする効果も認められているので、できれば森とか自然の中を散歩するのが良いと思います。

僕の場合、幸い家の前ががっつり自然なので、午前中などに散歩したりして気分をリフレッシュさせています。

実験の通り、自然に直接触れ合わなくても、動画とかを見るだけでも効果はあるみたいです。なので、オフィス近くに自然のない方は動画で自然と触れあいましょう。


2.プチ断食する

断食もあまり知られていないですが、以下のようなメリットありです。

プチ断食のメリット
  1. 減量に確実に効く
  2. 頭が良くなる(かも)
  3. アンチエイジングの効果あり

参照元:プチ断食の効果について知っておきたい11のこと

僕も数ヶ月前からプチ断食生活を続けていますが、体調はコンスタントに良いですし、時間が増えるのでこなせるタスク量も増えました。


3.マルチタスクをやめる

マルチタスクが生産性を下げるよねっていう話は、すでにご存知の方も多いと思います。

ながら作業は生産性を40%低下させて、作業ミスが起こる確率が50%アップすることが分かっています。

マルチタスクしちゃいがちな例としては、ソーシャルメディアがあるかと思います。ソーシャルメディアは、強い中毒性を持っていますから、ブロックしてしまうのが一番手っ取り早いです。

Macユーザーであれば、「SelfControl」っていうデスクトップアプリがおすすめです。このアプリのすごいところが、一度ブロックしたら時間が来るまで本当にアクセスできなくなるところ。ブロック解消みたいな選択肢がないのです笑

Chrome拡張機能である、「Black List」あたりを使うと良いと思います。


4.スタンディングデスクを活用し、集中力を高める

あまり知られていないですが、スタンディングデスクってめちゃくちゃメリットあるんですよね。

スタディングデスクのメリット
  • マラソン10回分の脂肪燃焼(1
  • 生産性が46%UP(2
  • 子供の勉強効率が良くなる(3

いまだに、世の中の学校もオフィスも座って取り組むことを前提にしているのは謎です。

ちなみに僕の家はこんな感じでして、イスはありません。デスクに向かう時は、立ったままです。

スタンディングデスク

オフィスにこのサイズ感のスタンディングデスクを持って行きづらいという方は、机上のものなんかがおすすめです。


5.場所をわける

オフィスや作業空間に余裕がある方は、「集中する場所」と「リラックスする場所」を分けるというのも効果的です。

人間は場所に紐づいて自分の行動を記憶していたりするので、同じ場所(オフィスのデスク)で集中したり、SNSを触ったりなど目的を分散させてしまうと混乱します。

毎度お世話になっているメンタリストDaiGoさんのこちらの放送では、集中した部屋に何を置けばいいのかが解説されているので、ぜひ観てみてください。


参考

 

 


記事とは無関係な感傷的なことを書くコーナーです。

ポエム:『やりたいこと』に囚われすぎるな

先日ちらっと見た林修先生の高学歴ニートに向けた授業が、なかなか良いこと言ってまして。

やりたいことは、偶然。あなたが、100年前に生まれていたら、今の「やりたいこと」を同じようにやりたいと思いますか?僕たちのやりたいことは、周りの環境やメディアなどに大きく影響を受けているんです。

つまり、やりたいことって、周りのメディアのノイズなどに左右されているのです。僕自身も、大学4年までブラインドタッチもできなかったのに、今ではWebライターやってまして、その間に色々メディアの影響を受けたことは否めません。

周りから影響を受けていうと事実を受け入れつつ、目の前のことに没入していきましょう。その方が、抽象的な自分探しを続けるより幸せだと思いますよ。