チャレンジを止める人は無視してOKです【事後報告で生きよう】

こんにちは、けんぞうです。
周りと違う行動をしてきたので、笑われたり止められたりしてきました。その上で学んだ教訓がこちら

上記のツイートを深掘りしつつ、チャレンジを止める人との付き合い方を考察します。

人と違うことをした時の周りの反応2種類

人と違うことをすると、大体以下のような反応が返ってきます。

周りの反応
  • 反応①:笑われる
  • 反応②:止められる

そして上記の行動をとる人達は大抵『チャレンジしたことない人達』です

反応①:笑われる

笑ってくる人間は、放置で良いでしょう。相手にする価値もない蟻だと思ったら良いかと思います。

何を言われようが無視しつつ行動し、実績を作った上で、精神的なビンタを食らわせれば良いと思います

反応②:止められる

「止められる」が割と厄介ですよね。心配という、もっともらしい名目が付いているからです。おそらくですが、これは人間が生存するためにとってきた合理的行動です

例えば

例えば、狩猟採取時代に「おれ、あのライオンと戦ってくるわ!」と仲間が言い出したら、まあ止めますよね。やめとけよ、と。確実に死ぬやん、と。

これと近い感覚でチャレンジしようとしている人を止めたくなるのは、人間の本能的行動なのかなと推測しております。

こういった人たちは、おそらく悪気がなく、むしろ善意に満ちていると思います。
なので、有り難く受け止めつつ無視しましょう

そもそも、人生において大きな意思決定に関しては、別に人に相談しなくても良いような気もしています。僕は会社を辞める時は、全員事後報告でした。

僕が仕事を辞めるとき、誰にも相談しなかった・できなかった理由

周りに流されてはいけない本当の理由【寿命縮む】

周りに流されて意思決定するのは、本当にやめたほうが良いです。理由は以下の2点です。

周りに流されてはいけない理由2つ
  • 理由①:人生のコントロール感の欠如
  • 理由②:他責しまくる超ダサい人間になる

理由①:人生のコントロール感の欠如


自分で意思決定することを放棄して他人の意見を鵜呑みにして生きていると「自分の人生は自分でコントロールできる」という感覚が欠落します

これは、文字通り致命的です。

ある老後施設での実験では、植物の世話などの決定権をご老人の方から奪っただけで、死期が早まったという結果があります。

つまり、人生のコントロール感は寿命にも影響するわけです。大事なのでもう一度、人生のコントロール感を他人に譲ってはいけません。

理由②:他責しまくる超ダサい人間になってしまう

こういった感じで、後々になって他人を責める悲しい人間になってしまいます。控えめに言って、超ダサいですよね。

最近よくあるのは、「〇〇(インフルエンサー)はああいったから」みたいな意見ですね。そもそも、情報発信する側が広告収入を考えているビジネスですから、その観点をお忘れなく。

参考 勝手に失望し、勝手に裏切られる人たちChikirinの日記

リスクを最小化しつつ行動しよう

結論としては、リスクを最小化しつつ行動するのがおすすめです。そして、無駄なリスクテイキングはやめましょう。

『会社を辞める』はリスクではない

僕は新卒で入った会社を辞めましたが、この選択は実際ほとんどリスクなどありません。100万前後の貯金を作りつつ、家賃2万円の物件に引っ越して金銭的リスクを最小化しています。

関連
会社を辞める決断に必要なのは『貯金』です 神奈川県秦野市で20代で田舎暮らしを始めてみた。【家賃2万円】

けれど周りから見ると、大変なリスクを背負っているように見えるので止めてくれるんだろうなと思います。

リスクの相対性は利用可能

ちなみに裏の意図ですが、僕はこのリスクの相対性を利用しています。つまり、周りからリスクに見える行動をあえて取ることで注目を集めやすくしているという事です。

ブログなど自身のプラットホームを持ちつつ、ソーシャルも運用していると、注目度はPV,フォロワーなどの数字に反映されやすくなります。

無駄なリスクテイキングはやめよう

すぐに行動に移せない場合は、まずは副業的にプチチャレンジするのがおすすめです

上記のツイートの通りでして、副業として始めたほうが起業の成功率は33%アップするのです。

僕も社会人の頃から、ブログはコツコツやってきて、今では月間3万回以上読めれるようになっています。


笑う人、止める人、評論してくる人など色々いるでしょうが、放っておいてプレイヤーとして頑張りましょう。その方が、カッコいいですよ。

本日は以上です。

プログラミングを2週間独学したら、月5万円になった。