【宣言】仕事の意味は売り上げをあげることです。【毒舌あり】

 

仕事をやる意味がわからないよ、、、

 

この記事は「仕事をする意味って何なんだろう?」と悩む方に向けて書いています。

 

実僕も「仕事って、何のためにするのかな?」と迷った経験は多々あります、、

 

そういった経験ももとに、僕がどう考えて行動してきたかなどを、紹介していきます。

 

 

▼この記事の内容

  • 仕事の意味は「売り上げをあげること」です
  • 売り上げをあげる=「顧客に喜んでもらうこと」です
  • 残念な無意味タスクは3つのアプローチで解決しましょう

 

 

割と偉そうに書いてしまいましたが、本質だと思います。

 

仕事の意味は、「売り上げをあげること」です。

 

仕事をする意味は、「売り上げをあげること」です。以上です。

 

さすがにあっさりし過ぎなので、もう少し詳しく解説します。

 

自分が社長になったと仮定して、「仕事は、何のためにするのか?」を考えてみると、シンプルです。

 

どれだけ綺麗事を並べても、売り上げをあげるためですよね?

 

売り上げに繋がらない仕事を社員がしていたら、やめさせますよね?

 

利益が出ない限り、企業として存続できないので、これは割と当たり前の話です。

 

ありそうな反論①:社内部活動

 

最近の企業では、「部活動」のようなアクティビティで社員が交流したりなど、売り上げに直結しないような活動もあります。

 

これの目的も、社員どうしが交流して、より生産的に働いてもらい、売り上げをあげることですよね。

 

ありそうな反論②:CSR活動

 

CSR活動なども、企業の売り上げにはなりません。ただ、社会的に「信頼」を得ることができますよね。

 

そうすると、仕事を受注しやすくなります。

 

結果、売り上げが伸びやすくなります。

 

 

まとめると、全ての活動の本来の目的は「売り上げをあげること」だというシンプルな結論に至ります。

 

 

売り上げをあげる=顧客に喜んでもらう

 

売り上げをあげて、何の意味があるの?

 

ここまで聞いても納得できない人は、「売り上げのあげること=顧客に喜んでもらう」と考えると良いです。

 

  1. 一社員として働く
  2. 顧客が喜び、対価を支払う
  3. 企業として売り上げが伸びていく

 

仕事の先には、喜んでくれる顧客がいるということがわかれば、仕事のモチベーションも湧くと思います。

 

この辺りは、ドラッガーの本が参考になりますよ。

 

「やる意味のない仕事」を生み出す人がいる。

 

毒舌ですが、たまに見かけます。無意味な仕事を生み出す人。

 

知識労働の会社で無意味な仕事が生まれるのは、「成果が目に見えにくいから」です。参考として、パレオさんの記事をご覧ください。

 

>>参考:働き過ぎは寿命がちぢむわけですが、では「つい働きすぎちゃう」の原因はなんなの?という話

 

知識労働は、自分の成果が目に見えにくいから、「もっと働かないと!」と考えて、無意味な仕事を生み出すんです。

 

やる意味がない仕事に対しての対処法3つ

 

  • その①:排除
  • その②:自動化
  • その③:効率化

 

1つずつ紹介します。

 

その①:排除

 

「その仕事はやる意味がないよ!」「少なくとも、僕はやらない!」と宣言しちゃう方法です。

 

一番有効な方法ですが、注意点としては、嫌われるor却下される可能性があります。

 

特に新人がこれをやると、だいたい却下です。

 

よほど、寛容な精神を持っている上司でない限りは、「この仕事は、こういう意味があってね、、」となるので、受け入れられません。

 

意見が認めてもらえるように、自分の地位をあげたり、実績を残しつつ、このアプローチをとると良いです。

 

その②:自動化

 

何らかのツールを使ったら、自分でコーディングしたりすることで、仕事をコンピュータが自動でやってくれるようにする方法です。

 

欠点としては、まずそのツールを作ったりするのに、割と労力がかかります。

プラス、そのツールを周りの人たちが使ってくれるとは限りません。

 

ただ、自動化に成功すると、「自分たちはこんなに無駄なことをしていたのか!」と気づいてくれる人もいます。力も身につきます。

 

Pythonとか良いですよ。

 

>>参考:Pythonでできることを具体的に解説【作りたいものが分からないを解決】

 

その③:効率化

 

最終的な手段として、より短時間で終わらせられるように工夫するという方法です。

 

根本的な解決にはならないので、まずは「排除できないか?」と「自動化できないか?」を考えることを優先しましょう。

 

 

まとめと、参考になる本

 

新卒1年目が偉そうに語りましたが、仕事の本質は「売り上げをあげること」というのは、そこまで逸れてはいないと思います。

 

最後に参考になる本を、紹介しておきますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です