転職で「ブランク」があっても問題はない【条件はある】

こんにちは、けんぞうです。転職における数ヶ月のブランクは、正直問題にならないと思います。

今回は転職活動における「ブランク」について考察します。

転職で「ブランク」あっても問題なし【条件あり】

あくまで僕の経験した範囲内ですが、退職した後の2ヶ月間のブランクを指摘されたことはないです

確証があるというわけでもないですが、転職活動において数ヶ月程度のブランクは問題にならないと思います。

注意

僕の場合現在の転職活動においては「若さ」という無条件のアドバンテージを利用することができています。それもあって、ブランクがそこまで負の影響を及ぼしていないとも考えられます。

その前提で読んで頂ければと思います。

ブランクを作るなら2つのことが必要

僕の場合にしても、以下の2つのことがあるためブランクが問題になっていないと考えられます。

  • 目的:何のためにその期間を設けているのか?
  • 成果:具体的に何を生み出したのか?

この2つがなくて、「完全なるニート状態」のブランクを作ってしまうと、転職で不利になることは明確ですね。(働く気がない、とも捉えられる)

僕の場合は以下のように、明確に目的と成果を提示しています。

  • 目的:自分の可能性を探り、独学するため
  • 成果WebサイトやRailsアプリを作成

ブランクを作ることのメリット

「ブランクを作っちゃいけない」「在職中に次の転職先を作って間を空けるな」というのが日本では通っていますが、個人的にはブランクにもメリットがあると思うんですよね。

  • メリット①:可能性を探れる
  • メリット②:ポートフォリオ作成期間にできる

メリット①:可能性を探れる

全てから解放されて、ひたすら自分と向き合う期間を作ることで自分の可能性や適性を探ることができます

僕の場合は、1月に退職をしてから「ライターデザイナーエンジニア」という順で自分の可能性を探りながら進路を決めてきました。

自分が打ち込めるもの、自分が好きなものを見定める期間として、ブランクを有効活用するのはアリだと思います。

メリット②:ポートフォリオ作成期間にできる

ブランクを使ってでも「ポートフォリオを作成できる」というのは大きなメリットでしょう。ことエンジニア転職においてポートフォリオが重要になるというのは、言うまでもありません。

僕自身は2カ月間でプログラミングをひたすら勉強してポートフォリオを作りまくりました。このポートフォリオがあることで、振り向いて下さる企業様もいらっしゃいます。

可能性を探る進路決定するポートフォリオを作る」という一連の流れは数ヶ月もあれば実行可能であり、しっかりと実績を作れたら数ヶ月は意味のあるブランクになるかと思います。

余談:進む道は自分で決めよう

進路の意思決定を他人に相談する人がいますが、自分で決めた方が良いと思います

僕は会社を辞めるのもエンジニアに進むのも全て自分で決めてきて、自分で決めてきたからこそ全く後悔がありません。

僕が仕事を辞めるとき、誰にも相談しなかった・できなかった理由

ブランクを有効活用する方法

最大限にブランクを有効活用する方法を、僕の経験からご紹介します。

  • 方法①:精神的な余裕を作る
  • 方法②:マルチタスクをやめて、まずは集中する
  • 方法③:違うと思ったら、すぐに方向転換する

方法①:精神的な余裕を作る

要するに「貯金」などの金銭的な余裕のことですね。これがないと、余計な心配事がずっと脳みそを支配する形になるので、集中して取り組めなくなるでしょう。

会社を辞める決断に必要なのは『貯金』です

方法②:マルチタスクをやめて、まずは集中する

自分の可能性を探る際には、1つ1つ取り組むことをおすすめします。僕自身も経験がありますが、「ライターやりながら、プログラミングの勉強して…」と自分のリソースを分散させるほど、どの領域でも成長が止まります。

選択と集中が大切です。

集中力を鍛えればプログラミングは短期間で習得可能です【具体論を語る】

方法③:違うと思ったら、すぐに方向転換する

「違う」「向いていない」と思ったら、その領域から早く手を引くことも大切です

サンクコストが働いて、この意思決定が意外と難しいんですよね。とは言え、自分が向いていない領域でいくら勝負しても勝ち目はないですので、自分が好きなこと・得意なことに時間を割くのが得策でしょう。


以上です