「プログラミング独学」が転職において大きなアドバンテージになる理由

こんにちは、けんぞうです。転職活動において「プログラミングを独学してきた」というのはアドバンテージになります

今回は上記のツイートを深掘りしつつ、転職におけるプログラミング独学のアドバンテージを解説します。

プログラミング独学は転職でアドバンテージになる

「プログラミングを独学し、ポートフォリオを作成してきた」というだけで明確な強みとして活用することが可能です。これは現在の転職活動にて肌で感じていることであり、僕がスクールではなく独学を選んだ明確な理由でもあります。

知識がゼロの状態から、プログラミングを独学してサイトやアプリを作成してきた」という実績があれば、以下のことを示すことができます。

プログラミング独学によって示せる3つの力
  • 知的好奇心の高さ:継続的に新しい技術知識をキャッチアップできるもしくは意欲がある
  • 問題解決力:エラーが発生した際にある程度のことは、自力で解決することができる
  • 忍耐力:すぐには投げ出さずに、しぶとく粘ることができる

上記の全てがエンジニアとして必須の能力であることは、言うまでもありませんね。


スクールを選んだ場合の懸念点

一方でスクールに通ってポートフォリオを作成した場合を想定すると、以下の懸念点があります。

スクールに通ってきた場合の懸念点
  • 問題解決力の証明が難しい:スクールでは講師にエラー解決を丸投げすることも可能であり、自分でどの程度取り組んだのか、が見えにくい
  • 忍耐力の証明が難しい:自分でどの程度エラーに取り組んできたのか、が見えにくい

言葉を選ばずに言うと、「スクールに通ってポートフォリオを作る」というのはお金さえ払えば、誰でもできます

誰でもできることをやってしまうと、自分の希少性を見出せず、「強み」の点で苦戦することは目に見えています。


独学はクソシンドイが、後々ラクです

プログラミング独学は口で言うほど簡単ではありません。控えめに言って、クソシンドイです。

ただ言い換えると、「プログラミング独学はクソシンドイ=挫折する=スクールに人が流れる」という流れがあり、独学して何かを作れる人は一定の希少性を保つことが可能です

ですので、「クソシンドイだろうけど、頑張ってみるか」という人はまずは独学で取り組んでみることをお勧めします。

これからプログラミング独学を始める人へのアドバイスを簡単にまとめると、以下のようになります。

  • まずは簡単な言語を選んで
  • 集中できる環境を選び
  • 良質な教材を選んで
  • しっかりと時間を投資すること

より詳しいアドバイスは以下の記事にまとめていますので、良かったらご覧ください。
「プログラミング完全初学者は何から始めたらいいか?」のアドバイスまとめ

以上です。

プログラミングスクールに通うなら明確な目的を持つべき【僕の失敗談アリ】 プログラミング初心者は早めに「ポートフォリオ作成」に取り掛かろう【手順を解説する】