「行動力がない」を改善する5つのテクニックと2つのマインドセット

 

けんぞう

田中けんぞう

神奈川で家賃2万の家に住みつつWebデザイン勉強中。

 

ここ数年間で自分の行動力はある程度高められてきていると思う。もちろん、行動力が全てではないが、行動力があった方が得をすることが多々あるのは事実だ。「行動力がない」と悩む人のために、行動力を簡単にあげるテクニックやマインドについて解説する。

行動力をあげる5つのテクニック

 

行動力を自然にあげる5つのテクニック
  1. 行動をめちゃくちゃ小さく細分化する
  2. 行動力が要らないものを選ぶ
  3. 行動しやすい方を取る
  4. 外に晒していく
  5. 自動化し感情の余地をなくす

1.行動は小さく細分化する

人間は未知の経験や行動に対しての負担を、過大に見積もってしまう。「実際、行動してみたら意外と簡単だった」という経験は誰しもあると思う。

過大に見積もられたタスクは小さく細分化して、1つ1つこなしていけば問題なく対処できる。僕の例で言うと、「仕事を辞める」というタスクはあまりにも大きかったので、最初は「上司の予定を確認して、面談をセッティングするメッセージを送る」というタスクに分解していた。

2.行動力が要らないものを選ぶ

インターネットを利用すれば、行動力なるものはほぼ必要ない。必要なのは、作業を完遂させることだけだ。自分でビジネスを始めるなどであれば、あちこち走り回って無駄足を食うよりも、サクッとWebサイトを立ち上げユーザーを搔き集める方が賢明だ。

3.行動しやすい方を取る

同じ結果が得られるならば、自分にとっての行動しやすい選択肢を取れば良い。

また僕の例で申し訳ないが、僕が仕事を辞める時、よくあるドラマのように上司に直談判する勇気はなかった。こっそり、メッセージを送りつける方が行動のハードルは低かった。

4.外に晒していく

自分がやりたいことや、目標は外に晒していくと良い。(心理学でパブリックコミットメントと言われる方法だ)人間は周りから一貫性のあると思われたい生き物だから、目標を晒してしまうと「やらないと」という感情が強くなる。

5.自動化し感情の余地をなくす

行動し続けたいことは、徹底してルーティンに落とし込むと良い。僕は今Webデザインの勉強をしているんだけど、一日の間にやることは全てリマインダーに設定して、考える必要をなくしている。


行動がクセになる2つのマインドセット

 

行動がクセになるマインドセット
  1. 行動した方が気持ちよく眠れると考える
  2. 失敗した方がコンテンツとして面白くなると考える

1.行動した方が気持ちよく眠れると考える

これはよくある自己啓発の「行動しない方が後悔する」みたいな文句を、僕なりに言い換えてみた。行動せずに悶々として眠れない夜を迎えるよりも、行動した自分に酔いしれながら眠る方が気持ちがいい。

おすすめは記録を取ることだ。僕の場合は、こんな感じに日々の勉強量をスケジュールに書き込んで、「今日も頑張ったな」と思えるようにしている。

カレンダーキャプチャ

今日は、1日に後悔なくぐっすり眠れるだろうか」と基準にして、1日を過ごしてみると濃度が少しだけ濃くなるのでおすすめだ。

2.失敗した方がコンテンツとして面白くなると考える

失敗しても笑い話にしてしまえば良い。もちろん、取り返しのつかないような失敗をしてはいけないので、線引きをきっちりする必要はあるが、日本に住んでいる限り取り返しがつかないような失敗というのは、あまり無いように感じる。

振り返ってみたときに、ストーリーとして面白さを感じるかどうかという点で考えてみると、自然とアクションを起こしたくなると思う。

最後に:ちっさいチャレンジを積み重ねよう

 

日頃からちっさいチャレンジ、新しい体験をしておくと、未知の事柄に対する許容度がかなり深まる。ちっさいチャレンジはなんでも良くて、新しいアプリを試してみる・いつもと違うものを買ってみる・違うルートで家に帰ってみるなどで良いと思う。

小さく、淡々と行動していこう。

参考

 

人間は成長し続けられる」と知識として理解しておくとは、非常に重要だ。マインドセットについて知りたい人は、教育界で有名なキャロル・デュエックのこちらの動画をみておくことをおすすめする。

 

キャロル・デュエックは本も執筆しているので、あわせて読んでおくとマインドセットに関する理解が深まる。

 

ポエム:プログラミングは独学できた。

 

HTML・CSS・jQueryあたりの言語を使って自作のWordpressテーマを作成しているのだが、割と形になってきた。以下のサイトは僕がここ五日間くらいで実装したもの。

内向型メモ

ポートフォリオに掲載してもOKなら、無料でWebサイトのカスタマイズなど行うので気軽に連絡くださーい。

問い合わせ