初心者でもクラウドワークスで1万稼ぐならライティング案件【理由は3つ】

 

クラウドワークスで仕事を始めたいけれど、スキルも実績もない僕が、お金を稼げるんだろうか?

 

この記事は、スキルも実績もないが、これからクラウドワークスでお金を稼ごうと考えている方に向けて書いています。

 

▼この記事の内容

  • クラウドワークスで1万稼げるようになる方法を紹介します。
  • クラウドワークスでの案件選びの注意ポイントも公開します。

 

ちなみに僕は学生の頃にクラウドワークスをスキル実績なしで、6万程度稼いでました。

 

そういった背景から、「初心者からのクラウドワークスでのお金の稼ぎ方」を詳しく紹介していきます。

 

 

「クラウドワークスってそもそも何?」という方は、以下の記事をご覧ください。

 

>>参考:クラウドワークスとは?仕組みを完全解説【片手間で稼ごう】

 

 

初心者でもクラウドワークスで1万稼ぐならライティング案件【理由3つ】

 

クラウドワークスでまずはサクッと1万円程度稼ぎたいという方は、「ライティング」のプロジェクト案件を攻めるべきです。

 

初心者がライティング案件を攻めるべき理由は以下の3つです。

 

 

  • 理由①:スキルなしでもOK
  • 理由②:実績なしでもOK(補足あり)
  • 理由③:フィードバックで短期でスキルを伸ばせる

 

 

詳しく見ていきます。

 

理由①:スキルなしでもOK

 

ライティングの仕事は、基本的に特別なスキルや実績がなくても開始できます

 

企業は記事を量産したいんですよね。そのため、ライター不足に陥っていて、素人でもいいという考えが強めです。

 

量産SEOについては、マナブさんのYouTube動画が分かりやすいです。

 

実際登録するとわかると思いますが、素人でも結構スカウトきますよ。

 

>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

理由②:実績なしでもOK(補足あり)

 

実績がなくても、ライティングの案件は取ることができます。

 

✔️実績はあるに越したことはない

 

例えば、ご自身でブログを書いていたりする場合は、それをプロフィールなどに掲載して、アピールしていくべきです。単純に文章を書くことに抵抗が少ないとアピールできるだけで、受注しやすくなります。

 

理由③:フィードバックで短期でスキルを伸ばせる

 

ほとんどの企業が、納品のタイミングでフィードバックをくれます。

 

そこで自分の文章のくせに気がつき、改善していくことができます。

 

それの改善点をもとにさらに受注していけば、ライティングスキルがどんどん向上します。

 

※余談ですが、初期のやりとりの段階で、コミュニケーションマナーがない(タメ口やおかしい敬語など)場合は、受注しない方がいいです。適切なフィードバックがもらえないですし、時間と精神を消耗しますので。

 

>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

どんなライティング案件を狙うべき?【ポイントは3つ】

 

具体的に狙うべき案件の特徴は以下の3つです。

  • その⓵:文字数は2000文字以下
  • その⓶:好きなジャンルで書く
  • その③:継続案件を狙う

 

それぞれ見ていきます。

 

その①:文字数は2000文字以下

 

持続可能な文字数で、案件を選びましょう。

 

文字数6000文字とかの案件も転がっているのですが、ライティングの経験なしから、6000文字書くのは結構シンドイですよ、、

 

参考までに、この記事で2000文字弱くらいですから、6000文字の案件を取ってしまうと、これの3倍くらいの長さを書くことになります。シンドイですよね、、

 

まだ慣れていないうちは、2000文字程度の案件を取っていくようにしましょう。

 

その②:好きなジャンルから選ぼう

 

好きなジャンルでライティングすると、仕事が苦じゃなくなります。

 

例えば、僕の場合全然興味のないジャニーズの案件とか書いていて消耗しました、、

 

なので、基本的に「これなら、書けそうだな」というイメージがわくジャンルで執筆していきましょう。

 

これに当たって自分が好きなことを洗い出しておくと、案件選びが楽になります。

  • 趣味(車が好きなので、自動車系の執筆)
  • 経験(留学経験があるので、留学関連の執筆)
  • 資格(簿記をもっているので、簿記勉強法の執筆)

みたいな感じです。

 

ちなみに案件があるかどうは、クラウドワークスの案件検索ページの検索窓で、調べてみるとわかります。

 

その③:継続案件を狙う。

 

継続して発注してくれる案件を狙いましょう。

 

プロジェクト案件は、単発or継続の二種類があります。

  • 単発:5記事納品→契約終了
  • 継続:5記事納品→相性合いそうなので、プラス5記事

 

1万稼ぐなら、継続案件を狙うべきですね。

 

単発の場合は、1つ納品して、また他の企業案件に依頼文を送って、、と結構面倒ですが、継続の場合は、こういったコミュニケーションコストを抑えられます。

 

継続案件をがっちり抑えて、そこにひたすら納品し続けたら、月1万は割と余裕で達成可能です。

 

 

✔️低単価でも手を抜くべきでない理由

 

個人的には低単価案件でも手を抜くべきではないと思います。理由は、低単価だからと手を抜いて仕事をして低評価を食らうと、あとの仕事を受注するときに影響するからです。

 

 

まとめ:初心者は小さい案件から始めよう

 

というわけで、今日のまとめとしては

 

  • 2000文字くらいで、
  • 好きなジャンルで
  • 継続ライティング案件を狙いましょう

 

というのが結論です。

 

>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です