エンジニア転職で使えるエージェント・サービス比較

こんにちは、けんぞうです。

関西圏にてエンジニア転職活動をしている僕ですが、転職サービスなども色々試しておりまして、今回はその比較をしようかと思います。

結論から言うと、以下のような感じです。

  • ワークポート:サポートの充実度しており、紹介してくれる企業数は多め。ただクオリティがまばら。
  • Wantedly:手軽に企業に訪問できる点がメリット。ただプロフィールが充実していないと、企業から反応を得られないこともある
  • Green:こちらも企業に話を聞きに行ける。ただ、Wantedlyよりは掲載数、閲覧のしやすさともに劣る印象

 

この記事をパッと読む

ワークポート

無料で転職を支援してくださるエージェントで、IT関連に強いです

ワークポート

僕が相談させて頂いた際も、「未経験募集をしており、モダンな開発をしている企業」という厳しめの条件でも多数の企業を紹介してくださいました。

ワークポートに登録をすると以下のような流れで、企業を紹介して下さいます。

登録

面談(現在の状況、希望等を伝える)

企業紹介~転職サポート

ただぶっちゃけると結構紹介して頂いた企業の中でも、「明らかに違うなあ」と思うものも含まれていました。もちろん、応募の有無に関しては自分で意思決定できるので、問題はなかったですが。

あと、従業員数数十~数百人規模のベンチャー企業の紹介がほぼなかったですね。この点はおそらく、数十人~数百人規模のベンチャー企業だとワークポートを利用する金銭的な余裕がないのかなと推測します。

ベンチャー企業をメインに見ていきたいということなら、Wantedlyを使った方が効率的に情報収集が可能だと思います。


Wantedly

ジョブマッチングに特化したSNSです。転職活動だけでなく新卒やインターンの採用などでも使われていますね。

Wantedly

Wantedlyの掲載料は一番安いもので、3万円/月で高くても9万円なので、数十人規模のベンチャー企業でも求人を掲載していることが多いです。

参考:採用担当者の方へ

また、気軽に「話を聞きたい」ボタンをタップしておけば企業から連絡が来るため、人事や企業の内部の人にコンタクトをとる障壁がかなり最小化されているな、と感じます。

ただし、ワークポートのような転職サポートみたいなものはないので、自分のプロフィールが充実してないと企業からも連絡が来ないという可能性は十分に考えられます。


Green


IT
系に特化した求人サイトで、無料で使えますWantedlyほどUIは洗練されていないものの、条件を絞って企業を検索できたりは便利です。

Green

ただ企業の見つけやすさ、UIの使いやすさではWantedlyより大幅に劣る印象で、またモダンな開発をしているベンチャー企業などはそもそも掲載がなかったりします。

なので、僕自身は2社ほどにアプローチしたきりで、そこからはあまり使っていません。


まとめますと、以下の通りです。

  • 企業に会いにいく手軽さを求めるなら「Wantedly」が一番良い。
  • 転職サポートの充実を求めるなら、「ワークポート」が良い。