Amazonのコンビニ受取が、一人暮らしには圧倒的に便利だった。日数・キャンセル方法も解説するよ。

こんにちは、けんぞうです。

Amazonのコンビニ受取が、大変便利で助かっております。

再配達でヤマトさんに多大なご迷惑を。

 

当ブログを運営する私けんぞうは、『田中建蔵の本棚』というページを設けるほど多読派の人間でして、毎週大量の書籍を購入しております。

しかし、仕事の都合で自宅にいない時間帯に配達されてしまうことが多々ありまして、その度に再配達の連絡をしてしまっておりました。

ヤマトさんには2重手間をおかけしてしまって、申し訳ないなあ。

  • 再配達の連絡をするのが、面倒くさい。
  • 指定した時間帯は自宅に拘束される。
  • 度々不在が続くと、携帯に直接連絡が来てしまう。

といった感じで、諸々の非効率だったのを根本的に解決できるのが「コンビニ受取」という方法です。

たなか
一人暮らしの方には、おすすめだよ。

コンビニ受取で注文してから、商品を手に入れるまでの3ステップ

 

1.Amazon注文時に、「店頭受取」を選択する。

Amazonの注文画面で「お届け先住所」を選択する画面で、郵便番号で検索をかけると、受け取り可能な店舗一覧が表示されます。

受取が可能な店舗は、以下の4種類です。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ヤマト運輸営業所

駅から自宅までの経路など、「ついでに寄れる場所」を選んでおくと便利。(後述しますが、ファミマよりローソンがおすすめです。)

2.コンビニに到着すると、メールが届く。

商品がコンビニに到着すると、Amazonに登録しているメールアドレスにメールが届くようになっています。

ここに、受取の方法詳細が書かれています。

ファミリーマートであれば、Famiポートを使って申し込み番号を発行して、レジに持っていくという仕組みでした。

ファミマ受取だと、端末で2段階認証が必要で少し手間です。

ローソンだと、メール記載のバーコードで受け取りできるので、ご自宅近くにあるかたはローソンにしましょう。

(参照元:Amazon店頭で商品を受け取る)

3.商品をゲット。

メールに記載のある方法で、レジから受け取ることができます。

ちなみに今日購入した書籍は、こちらです。「The Goal」を運営されているまつのすけさんが書かれた書籍です。

たなか
また、レビュー書きますね。

 

どれくらい待ってくれるの?

 

商品は一定期間内で受け取りする必要があります。

  • コンビニ:商品到着メールから受信日含み11日間
  • ヤマト運輸営業所:商品到着メールから受信日含み7日間
たなか
受け取りを忘れないように、注意しよう。

変更はできる?

 

注文後にお届け先を変更した場合は、以下の手順を踏みます。

  1. 注文履歴をクリック。
  2. 右側に表示される「注文内容の表示と変更」をクリック
  3. 変更したい項目の「変更ボタン」をクリック
  4. 情報を入力し、変更

けんぞうなりのまとめ

 

たなか
一人暮らしの人にとっては、便利だね。

実家暮らしをしていた頃には、必要性を感じませんでしたが、

  • 一人暮らしをしている。
  • 仕事で家に帰る時間が定まっていない。
  • 休日も外出が多く、自宅に拘束されたくない。

といった方には、非常におすすめできるオプションかと思います。

【読書家におすすめ】Prime readingも紹介しておくね。

 

ちなみに、プライム会員登録しておくと利用できる「Prime リーディング」を使えば、『お金2.0』のようなベストセラー本を無料で読むことができます。

 

kindle unlimited」との違いは、追加料金が発生するかどうか、ですね。Prime readingはプライム会員であれば、すぐに無料で読めるのでかなりお得です。

読書家の方にはおすすめですので、プライム会員登録がお済みでないかたはぜひ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です