Youtubeでプログラミング独学方法を解説!

メンタリストDaiGo流:最強のノートテイキングとしての「マインドマップ」

こんにちは、けんぞうです。メンタリストDaiGoさんのノートテイキングの話が参考になったので、軽く紹介しておきます。

 

最強のノート術としてのマインドマップ

この動画で紹介されているノートテイキングは、マインドマップです。「そもそもノートをなぜ取るのか」について考えてみると、以下のことを実現することが目的。

  • 理解を促す
  • 記憶に定着させる
  • 想像力を働かせる

これらをまとまて実現する最も優れた方法が、「マインドマップ」だという話ですね。


マインドマップってどう書くの?

DaiGoさん曰く、「そんな難しく考えなくて良い」とのこと。絵を書くべきとか、単語で書くべきなどのルールには、別に従わなくても良いということですねー

とりあえず守るべきルールとしては「階層構造」らしいです。具体的には以下のような感じですね。

⬆︎マインドマップは階層構造が大切

Aの子要素として、B1,B2があるみたいな感じで、しっかりと分解されていることが分かれば、それで良いとのこと。

要は「知識がどこにあるか?」が分かればOKなので、階層構造を作るというルールにのみ従いつつ、自由に作ればOKなんですねー

落書きをした方が記憶定着になるらしいよ、という話があるのですが、DaiGoさんの場合は「記憶の定着に苦しんだところのみ」落書きを残す感じらしいです。

関連

【実践】メンタリストDaigoおすすめの読書ノートの取り方を解説

という訳で、マインドマップ書いてみた。

早速実践で整理したい思考をマインドマップでノートに落とす練習をやってみました。以下の画像のような感じです。

⬆︎マインドマップのノートテイキングを実践してみた

(ノートの内容は、僕の転職活動における企業選びの基準ですね)

今までは普通に横書きで情報を羅列していただけだったので、マインドマップでまとめてみると一覧性のあり、ノート自体がかなりスッキリとする印象です。

マインドマップはシンプルに楽しいので、今後とも実践を続けていこうかと思います。

関連

メンタリストDaiGoさんの「夢・目的不要論」は就活生見ておくべき。 僕は毎日メンタリストDaigoさんのニコニコチャンネルから質の高い情報を仕入れる。