プログラミングを独学するなら海外Youtuberが参考になる【おすすめYoutuber紹介】

こんにちは、けんぞうです。
プログラミングを独学する際は、海外のYouTuberの動画が大変参考になります。

この記事をざっくり言うと
  • 「プログラミング動画」のマーケットサイズの話
  • 英語がつらくても、たぶん大丈夫
  • おすすめのYouTuber紹介

マーケットサイズの話

プログラミング動画に限らずの話ですが、英語で解説された動画の方が日本語よりもマーケットサイズがデカくなるので、Youtubeに上がっているコーディング動画で有益な内容のものはほぼ英語です。

もちろん日本人でコーディング動画を出されている方は何名か僕も存じ上げているのですが、やはり「海外のYouTuberと比較すると再生回数が伸び悩んでいるなー」という印象を受けます。

これは多分内容の良し悪しというよりは、シンプルに英語と日本語の検索人口の差だろうなーと推測します。

まあ、そういった背景もあり、「体系的に学ぶことができる有益なチュートリアル動画は、ほぼ英語」という状況ですので、プログラミングを動画で学ぶなら英語で検索する方が得策でしょう。


英語がつらい問題は、多分大丈夫。

個人差はもちろんありますが、「コードの書き方を学ぶ目的で動画を見る場合には、英語はそこまでネックにならないんじゃないかなー」と思います。

コードの視覚情報、ブラウザの挙動など、聴覚情報以外を頼りにしながら内容を推測することが可能だからです。

あと再生回数が伸びていて取り組んでいる人が多いチュートリアル動画とかだと、「おい!ここが動かねーぞ!」「こうやったら直るよー!」みたいな助け合いのコメントがつけられたりしていて、そこでエラーを解消したりすることも可能です。

👇勉強方法についてはKさんが詳しいです

ちなみに僕は英語の聞き取りはあまり得意ではないのですが、字幕をオンにして必死にまで追いかけながら勉強するスタイルです。


おすすめ海外YouTuber紹介!

体系的なチュートリアルを学べる海外Youtuberをご紹介します。

  • The Net Ninja:ReactやVueなど主にフロント側のチュートリアルが多く、僕はReact+Firebaseの動画で勉強しました。
  • Traversy Media:MERN Stackなど他の人がやらないような解説動画アリ。Full stack React & Djangoが面白そう。
  • Web-Crunch:Railsについて詳しい解説がされている。APIモードでVue.jsを使うなど、痒いところに手が届いている。
  • Programming with Mosh:「何かを作ってみよう」系動画ではないですが、かなり噛み砕いた解説が分かりやすい。テンションが良い感じに高い。
  • freeCodeCamp.org:GatsbyJSで静的サイトを作成した際に参考にした。登録者数102万人の人気チャンネル

5Gになったらこういったチャンネルで爆速でプログラミングを習得する人が出てきそうですねー