Webデザインの勉強におすすめな本4冊と勉強法【学習に投資しよう】

こんにちは、けんぞうです。学習には惜しみなく投資すべきだと思っており、収入がゼロの時にも実用書買いまくってました。

今回はWeb制作の学習において僕が参考にした書籍をまとめて紹介していきます。

HTML5/CSS3モダンコーティング

 

この本の評価
読みやすさ
(4.5)
傑作度
(4.0)
学び度
(5.0)

Amazonで見てみる

HTML/CSSを使いこなすための実用書として購入しました。「Masonryを使ったグリッドデザイン」なども解説されており、なかなか勉強になる一冊でしたね。3種類のサイト実装について解説されており、かなり骨太な一冊だったという印象です。

書籍で解説されるサイトは、こちらのリンクから覗くことができます。


WordPress仕事の現場でサッと使えるデザインの教科書

この本の評価
読みやすさ
(4.0)
傑作度
(3.5)
学び度
(3.5)

Amazonで見てみる

 

こちらでは、具体的にWordPressを使ってテーマを作るにはどうしたら良いの?という点を学習できます。ショートカットの作り方・プラグインの話なども展開されていて、WordPressでのサイト制作を学びたい人におすすめです。

テーマ開発の教科書も合わせてどうぞ

手前味噌で恐縮ですが、僕が作成した「WordPressテーマ開発の教科書」ではより実践的に手を動かしながら学べるスタイルにしてあります。良かったら合わせてご覧ください。

学習法を解説

書籍を使ってのおすすめプログラミング学習法は、「良質な数冊を繰り返し学習」です。僕がHTML/CSSやWordPress関連で購入した書籍は上記2冊のみですが、それらを繰り返しやることで知識を深く定着させることができました。


Photoshopしっかり入門

 

この本の評価
読みやすさ
(4.5)
傑作度
(3.5)
学び度
(3.0)

Amazonで見てみる

Photoshopの基本的な操作から、ちよっとだけ応用までをカバーされている一冊です。一番最初に読む本としては最適でしょう。僕も基礎知識習得の段階で利用しました。

サルワカと合わせて読むのがおすすめ

サルワカというサイトでPhotoshopの使い方について鬼分かりやすい解説がされています。基本的な操作については、上記の書籍とサルワカを同時に進めると理解が深まります。

ルワカを見てみる


Photoshopレタッチの超時短レシピ

 

この本の評価
読みやすさ
(2.5)
傑作度
(4.0)
学び度
(4.5)

Amazonで見てみる

 

やや上級者向けの書籍です。とは言え本書籍から学べるテクニックはかなり奥深いので値段に相当する価値はあります。

PhotoshopはYoutube学習もおすすめ

海外のYouTubeチャンネルなどを見てみると、Photoshopを使った魅力的なチュートリアルが公開されています。例えば、以下のような感じです。



最後に:手を動かしまくろう

「書籍を買って満足」で手を動かさないのが一番良くないですから、手を動かしまくりましょう

Macユーザーの方であれば、kindle for Macをインストールしておき、画面を左右分割しながら、コードを書いたりPhotoshopを学んだりするのがおすすめです。

ちなみに使用しているディスプレイはこちらです。ウルトラワイドで見やすく、ブログもプログラミングもサクサクできて快適ですし、Macの充電も同時にできるところが良き。

Amazonで見てみる

Youtubeもやっとります