「作りたいものを作れ」というアドバイスが、プログラミング初学者の方には有効ではない理由

こんにちは、けんぞうです。
作りたいものを作れ」というアドバイスが、プログラミング初学者の方には有効ではない理由を書きます。

「作りたいものを作れ」が有効ではない理由

「作りたいものを作りながらプログラミングを独学しよう」というアドバイスをよく耳にしますが、これはプログラミング初学者の方にとってはあまり有効ではないと感じています

理由は2つあります。

理由①:シンプルに実装力が足りず、挫折する可能性が高いから

プログラミング初学者のうちは、「その技術で何が実現できるかの具体的イメージがないので、無理に高い理想像を思い描いてしまう」というパターンがあり得ます。

理由②:「そもそも作りたいもののイメージすら、全然湧かない」というパターン

何が作れるのか?」の判断材料に乏しい学習初期の段階で、作りたいものと言われてもなかなかイメージがつきにくいのではないでしょうか。

僕の場合、RailsやReactを時間をかけて勉強している中で、「これらの技術を使えば、こんな感じのものが作れそうだなー」というものがだんだん見えてきた段階で、作りたいものが明確になりました。


最初は「誰も使わないサービス」でOK

最初に作るアプリケーションは、見た目もショボくていいし、ニーズも無くて良いし、ユーザーが自分だけでもOKです。

最初から「たくさんのユーザーに使ってもらいたい」という願望を持つことは大変素晴らしいとは思うのですが、理想が高くなりすぎてサービスが完成しないと、本末転倒ですよね。

なので、最初のうちは肩の荷を降ろしつつ、「完成させること」を第一に考えて取り組むべきです。
何か1つか完成させることができたら、そこから得た自信を元手にして、次のアプリケーションにもガンガンチャレンジしていけば良いわけです。

プログラミングの「学習順序」を解説する【効率的アウトプットと取りこぼし排除】

作りたいものが明確にない場合は、ロジックの理解に努めよう

上述の通り、学習初期の段階で重要なことは「完成させること」です。そして、もう1つが「ロジックを理解すること」です。

ユーザーが入力したデータをどのように取得して、どのようにデータベースに格納して、データベースにあるデータをどのように画面に描画するのか?

こういったデータの動きに意識を向けながら実装をしていると、新しく自分でアプリケーションを作ろうと思った時にもスムーズに開発を行えますし、ロジックを理解していると「そのフレームワークで、何ができるのか?」がわかってくるので、作りたいもののアイデアが湧きやすくなります

ロジックを理解するために最初に取り組むのは「TODOアプリ→掲示板→SNS」の順番がいいかなーと個人的には思っています。詳しくは以下の記事をどうぞ。

プログラミングで何を作ったら良いか分からない場合の対処法【あと独学の人紹介】

以上でーす