Railsでポートフォリオをつくる手順を具体的に実例付きで解説します。

こんにちは、けんぞうです。 Railsでポートフォリオを作る手順、学習方法を具体的に解説します。

 

  • ポートフォリオとは「自分で作ったサービス」という認識で読んでください
  • ポイント1つ目は「学習初期の段階でデプロイまでの全体像を掴んでおく」
  • ポイント2つ目は「先行きが多少不透明でも、とりあえず走り出して適宜ググること」

 

ちなみに僕がここ1、2ヶ月で実装したサービスは、以下の通りです。

Railsでポートフォリオを実装するまでの全体像

全体の流れとしては以下の通りです。

  1. Progateを1周しつつ、ローカルで同時に開発を進める
  2. コンセプトを変えつつ、新規でアプリケーションを作成する
  3. 書籍でさらに知識を深めていく
  4. より複雑なアプリケーションをゼロから作ってみる

1.Progateでの学習

学習期間:1週間〜2週間程度

最初に触れる教材としては「Progate」「ドットインストール」「Railsチュートリアル」あたりが分かりやすいかと思います。

ここで「ただ知識をインプットする」だけでは爆速で成長することはできないので、「Progateでやることをローカルでも進める」というやり方がおすすめです。僕はProgateと同じことをローカルでも進める形で1週間くらいかけて学習しました。

Ruby on Railsの学習5日目でアプリをデプロイするまでの全手順【Progateが神】

また、この際ローカルで開発したアプリケーションに関しては、必ずデプロイまで行いましょう

「デプロイまでの工程を早い段階で触れておくこと」によって、今後さらにポートフォリオを充実させていく段階での、心理的な負担を軽減させることができます。

参考 【初心者向け】railsアプリをherokuを使って確実にデプロイする方法【決定版】Qiita

注意点として、この段階で作ったアプリケーションはまだポートフォリオとしては機能しないと考えておきましょう。ここで作ったアプリケーションは、教材の通り作っただけであり、はっきり言うと「誰でもできる範囲」だからです


2.コンセプトを変えて新規アプリケーション開発

defaultImg

学習期間:2週間程度

次のステップとしては「コンセプトを変えて新規でアプリケーションを開発する」です。

現段階では「Railsでデプロイまで一通りやり切ったけれど、まだ知識に自信がない」というのが正直なところかと思います。

Progateなどで学んだことをより深く理解して血肉化するために、「Progateでつくるものと設計は全く同じのまま、コンセプトを変えて作ってみる」という手順を踏みましょう。

設計などは基本的に同じままですから、モデルはユーザーとポストのみで、アソシエーションを組む形です。(ユーザーに紐づいた投稿ができる)

ちなみに僕がこの段階で作ったサービスがこちらになります。ユーザーログインがあり、ユーザーは投稿ができるというTwitter的なアプリケーションですね。余裕があればGoogle・Twitterなどの認証機能もつけるとかなり勉強になると思います。


3.書籍でさらに知識をつける

defaultImg

学習期間:1〜2週間

上記までの手順で「全体像」は掴めてきたと思うので、次は知識を深掘りしていきましょう

「自分が知らない知識を知る」という作業が必要となるのですが、ググりながらこれを実現するのは難しいので、書籍で学習するのがおすすめです。

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド」という書籍がおすすめです。

特にテストの書き方Webpackを使ってReactを導入する手順などにも触れられていて、かなり実践的な内容になっていて、テストの実装までちゃんとやっていると転職では少し有利になります。


4.より複雑なアプリケーションを実装する

defaultImg

さて、最後のステップです。今まで学んできた知識を活かして、今までよりも複雑なアプリケーションを実装してみましょう

アイデアが浮かばない場合は「Twitterにより近づける」を意識すると良いかもしれません。具体的には、以下のような機能が必要です。

 

  • 投稿に「いいね👍」を付与できるようにする
  • 投稿にコメントをつけられるようにする
  • ユーザーがフォローできるようにする

 

具体的なイメージとしては、僕が作った「DOYA」を見ていただいたら分かりやすいかなと思います。「DOYA」では投稿機能、いいね機能、ストック機能、コメント機能などを実装しています、詳しい技術については以下の記事でまとめています。

GWを使ってポートフォリオを実装したよ【70時間で本格的なアプリを作る】

 

👇今日のまとめ
defaultImg

 

【ご注意】エンジニア転職をするならポートフォリオ共有に「Google Drive」はやめとこう ポートフォリオが「チュートリアルレベル」だと転職活動で痛い目に合います、、【実体験】