プログラミング初心者が、まず最初にするべきこととは?

こんばんは、けんぞうです。

 

プログラミングの勉強を始めたいけれど、何からやるべきなんだろう?

 

たなか
プログラミング初心者が最初にやるべきことを、解説するね

 

▼ざっくりこの記事の内容

プログラミング完全初心者が、最初に何を始めるべきかがわかる。

 

義務を背負う。

 

 

一番強力な方法は、やはり義務を背負ってしまうことです。

願望ベースで「これ作りたい!」もありですが、こっちは途中で諦めがちです。

義務だと完成させないといけないので、試行錯誤の回数が断然多くなります

 

義務を背負うと、やることが明確に。

 

義務を背負うと良いのは、『問題』と『解決された状態』が明確になっているからです。

なので、解決策であるコードを書くことに集中することができます。

実際僕も仕事で不便なところを解決する手段として、Pythonの理解を深めていきました。

義務をどう背負う?

 

どうやって義務を背負うかですが、

  • インターンとしてコーディング
  • 職場でスカンクワークとしてコーディング
  • 案件を受注してコーディング

などがあると思います。

学生の方などは、インターンとして始めるのが良さげです。低賃金でも、経験知を稼げるので効率が良いです。

問題を見つける。

 

 

上記の方法が、現実的でないならば、自分の生活の中で不便に感じていることを見つけるのが良いです。

この点について、詳しく解説します。

日々の生活の非効率なことは?

 

日々の生活の中で、非効率なことはしていませんか?

  • 毎日PCで同じアプリを立ち上げる
  • メールの確認が面倒
  • チャットアプリの確認が面倒

などなど。

こういった日々の非効率はプログラミングで解決が可能です。

プログラミングを学べて、生活も快適になると一石二鳥です。

特にデスクトップ操作なら、Pythonでまずはやってみるのがおすすめです。

Rubyなどは実は割と複雑ですが、Pythonだとサクッとコーディングできます。

▼関連記事

Python初心者の僕がどうやって知識を身に付けたか。最短学習法をご紹介【有料サイトは要らない】

模写・実行・編集。

 

最後におすすめできる方法は、ひたすら模写していくという方法です。

僕も新しい言語を学ぶときは、結構模写をします。

今だと、「Qiita」や「teratail」などのサイトを見れば、サンプルコードがたくさん転がっているので、それらを模写してみると良いです。

模写を繰り返していると、何度も同じコードを書くこともあって、そこから理解が少しずつ進んでいきます。

ある程度理解が進んできたら、模写したコードをアレンジしてみて、自分が作りたいものに近づけていくといいと思います。

 

しょぼいことから、始めよう。

 

全体として言えることは、『まず最初は、欲張りすぎずに小さくしょぼいことから始めよう』ということです。

僕もそうでしたが、最初は色々と夢見て、

  • Webアプリを作りたい
  • ホームページを作りたい
  • ゲームを作りたい

となりがちですが、実際はいきなり初心者がこういったことをやるのはかなり難しいです。

もっと、細かいところから取り組んでみると、書くコード量が増えて理解スピードが速まります。

例えば、

  • プログラムでテキストファイルを開きたい
  • プログラムでCSVを編集したい

みたいな地味なところから始めると、かなり具体性のある情報をゲットするとができます。

▼関連記事

Pythonでできることを具体的に解説【作りたいものが分からないを解決】

 

たなか
最後まで読んでくれてありがとね、気に入ったらシェアしてね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です