プログラミング独学のコツ5つ【小さく高速で成長しよう】

 

こんにちは、けんぞうです。
プログラミングを独学し、サイトを作れるくらいになりました。今回はプログラミング独学のコツを考察します。

プログラミング独学のコツ3つ

 

プログラミング独学のコツ3つ
  • コツ①:難易度を下げつつ、小さく進歩する
  • コツ②:やるしかない環境を作る
  • コツ③:教える側に立つ(つもりで学習する)

詳しく解説します。

コツ①:難易度を下げつつ小さく進歩する

初学のうちは難しいことにいきなり挑戦せず、簡単な問題をクリアしましょう

例えばProgateでの学習が終わって次に何をやろうと悩んでいる方には、部分模写がおすすめです。

Progate/ドットインストール終わってからは「部分模写」がおすすめです。

動画でも解説しています。


ProgateでHTML/CSSをクリアしている人からすると、部分模写は結構簡単です。

こういった簡単なことから、小さく徐々に難易度を上げていくと確実に成長できます。難易度を上げる方法については、動画の後半で解説しました。

WBSがおすすめ

オススメは目標物をきめて、WBSを作成し学習することです。WBSを作成するメリットは以下の2点です。

  • メリット①:毎日やることが明確になり迷わない
  • メリット②:期限が設定されているので、先延ばししにくい

 

コツ②:やるしかない環境をつくる


何だかんだ環境が全てです

僕の場合、会社を辞めてWebデザイナーになると決めてからはお尻に火がつき1日6時間くらい勉強できました。

僕のように会社を辞めるなどはある程度リスクなのでおすすめしませんが、「やらないといけない環境」を作ってみると良いです。

例えば、「StickK」というアプリを使えば達成できなかった場合には金銭を支払うというコミットメントをすることができます。

もしくは、SNSなどでこれから毎日プログラミング勉強しますと宣言して、毎日進捗を投稿するのも良いでしょう。

手段にこだわるのは止めよう


独学という手段にこだわりすぎるのも、あまり良くないです
。独学の記事でこんなことを書くのも変ですが。

目的をしっかり持って、そこから逆算してスクールに通うのがもっとも効率的だと思う場合は、スクールに通うべきです。

ぼく自身、学生の頃はテックキャンプにお世話になり、このころ学んだことが現在の独学の下地になっています。

コツ③:教える側に立つ

人に教えようと思って学習すると、知識の定着が2倍くらい上がります。(主観)

僕の場合、「Webサイトが完成したら、Youtubeで解説動画を配信しよう」と決めて勉強していました。

Youtube動画を実際に撮影して見て分かりましたが、教える側に立つと「自分にとってまだ曖昧な部分」が明確になります。

Twitter/Youtube /Voicy/ブログなど発信手段はいくらでもありますので、行動しましょう。

 

プラスαのコツ2つ

必ずしも必要になるわけではないですが、あったら良いよねというコツです。

  • 自分なりの集中できる環境をつくる
  • 質問できる人とコネクションを持つ

 

自分なりの集中できる環境をつくる

集中できる物理的、精神的環境を整えることです。僕の場合、以下のような感じです。


自分なりにテンションと集中力がUPする環境を整えて、それ以外は排除しましょう。スマホなどを机の上に置くのは基本NGです。集中阻害されますので。

机に置くものは必要最小化し、やるべきことだけに熱中しましょう。

例えばですが、ネットを切るのもありです。

ネットを切ってKindleをPCで見ながらコーディングする感じです。わからないところは、メモしつつ後でまとめて検索する感じですね。

質問できる人を持つ

プログラミングが得意な友人とか作っておくと、めっちゃ強いです

プログラミング初心者のうちは、Googleで検索してもなかなか解決できないということが多いので、サクッと質問できる友達がいると良いですね。

プログラミングができる友達がいなくても、teratailなど質問サイトを利用すれば現役エンジニアの人に質問できるので良きです。

スクールで仲良くなるのもアリ
テックキャンプなどのスクールでメンターと友達になるのも一手段としてあります。

僕がテックキャンプ行っていた頃、すごく人当たりの良い女性の人がメンターさんと仲良くなったりしていました。

スクールにいるメンターはかなりレベル高いので、そこでコネクション作れると最強ですね。僕にはできませんでしたが、、、苦笑

最後に:完了主義であれ

 

完璧主義を捨てて、完了主義を目指しましょう

位置がずれるなど細かい問題に固執しがちです。でも、そこで止まるのはもったいない。

細かい問題は後回しにして、大枠から必要な部品を完了させていくわけです。独学はそれなりに精神的に厳しい戦いですが、得られるものは多いです。

【プログラミング独学のメリット】独学だから身に付く5つの力

今日は動画も撮影して眠たいので以上です。