Youtubeでプログラミング独学方法を解説!

【初心者向け】プログラミングで作りたいものがない方へ:作れるものから作ろう

プログラミングで作りたいものがないイメージ

この記事では「作りたいものを作れ!」というアドバイスに対して、「プログラミングで作りたいものがない…」と悩んでいらっしゃる方へ具体的な解決策を提供します。

先に結論を言うと「作りたいものにこだわる必要はなくて、作れるものから作りましょう」という提案です。

動画版はこちら

 

この記事を書いた人

けんぞう
エンジニア

プログラミングを独学し、実務未経験からWebサービス自社開発企業へ転職した人。プログラミング独学の方法や、転職活動に関する情報を発信しています。

作りたいものがない:僕も悩みました

プログラミングで作りたいものがないイメージ

「プログラミングで作りたいものを作れ!」と言われても、正直結構戸惑ってしまいませんか? 実は僕もプログラミング学習を始めた初期の頃は、同じことで悩んでいました。

作りたいものがない人のパターン:実は作りたいものはある

僕の勝手な想像だとおそらく「プログラミングで作りたいものがない..」と悩んでいる方の多くは、以下のパターンの通りで「実は作りたいものがある」場合がほとんどだと思います。

  • 作りたいイメージが壮大すぎる
  • 各技術で何ができるのかのイメージが持てない

「作りたいもの」にこだわる必要はないです:挫折の原因になります

複雑な実装に最初からトライして、技術力不足のために挫折してしまう可能性があるため「作りたいもの」にこだわる必要は全くないです。僕自身、複雑なマッチングプラットフォームを作ろうとして、技術力不足で挫折した経験があります。

もちろん作りたいものが明確に定義されているに越したことはありません。でも、プログラミング初心者の方が、そこまで見通しを立てるのは難しいと思います。

「作りたいものを作れ」というアドバイスの本質:手を動かすことです

「作りたいものを作れ」というアドバイスの本質は、「手を動かしながら学べ」ということです。この本質は正しいです。プログラミング学習は手を動かした分だけ成長できます。

ここまでをまとめると..
  • 作りたいものにこだわる必要はない
  • 手を動かして学ぶべきである

つまりプログラミング初学者の方は「自分の技術力にあった学習を、手を動かしながらやるべきだ」ということです。


作れるものから作ろう:具体的に解説します

作るべきものを作ろうイメージ

作りたいものがない方は、「作れるのを作ろう」と考えましょう。僕自身はこの考え方でプログラミングの勉強を進めて、エンジニアとして転職しました。具体例を順番にあげていきます。

簡単なWebサイトを作ってみよう

最初は簡単なWebサイトから始めましょう。複雑なアニメーションも不要・スタイリングも不要です。
ここでの目的は1つで「インターネット上にサイトを公開する」ということです。アウトプットを経験する、プログラミングに対する抵抗をなくすことができ、学習意欲が湧いてきます。

僕が知る限りで「最も簡単な方法でインターネットにサイトを公開する方法」は、以下の記事で解説されています。

参考 うちゅういちかんたんなポートフォリオのつくりかたQiita

これはQiitaの記事ですが、Qiitaでは日々現役のエンジニアが無料で有益な知識を共有されているので、ブックマークしておくのがおすすめです。Qiita以外のプログラミング学習に役立つサイトは、以下の記事でまとめています。

開発言語選定イメージ無料あり:おすすめのプログラミング学習サイトと勉強のコツを解説

簡単なWebサービスを作ってみよう

次のステップでは、簡単なWebサービスを作ってみましょう。最初からログイン機能など複雑なものを作る必要はなくて、最初は簡単なTODOサービスを作ってみましょう。

TODOアプリを作ってみよう

最初に作るサービスとしてはTODOアプリがおすすめです。味気なく思えるかもしれませんが、データの登録・閲覧・修正・削除機能を学ぶには、まずは無駄を省いて学習すべきです。

RailsでTODOサービスを作る手順としては、以下の記事が参考になります。

参考 Ruby on Railsで簡単なToDoアプリを作ってみるReasonable Code

ログイン機能を作ってみよう

次はログイン機能を実装してみましょう。機能としてデータの登録・閲覧・修正・削除機能を実装しつつ、ユーザーのログイン周りも実装するイメージです。

Railsでdeviseというライブラリを取り込むことによって、比較的簡単にログイン機能を実装することができます。deviseを使ったログイン機能の実装方法としては、以下の記事が参考になります。

参考 新しいRailsプロジェクトを作成してdeviseを実装するTECH BLOG by GMO

SNSを作ってみよう

ここまでくれば、次はSNSを作っていきましょう。ツイッターに近いようなユーザー投稿型サービスで、具体例として僕が作ったDOYAというサービスを見てみてください。

こちらの実装は結構むずかしいですが、Progateが超分かりやすく解説してくれているので、ProgateのRailsコースをやってみるのがおすすめです。

参考 Ruby on RailsProgate

ここまでやれば作りたいものが見えてくる

ここまでやれば、「作りたいもの」がちょっとずつ見えてきます。僕自身は「Say Thanks」というショボいサービスを作ってみてから、Railsでできることが分かり始めて、以下を作りました。

この記事のまとめ
  • 「作りたいもの」にこだわる必要はなく、作れるものから始めよう
  • まずはWebサイトを作ることから小さく始めよう
  • Webサービスを作る流れが掴めてから、作りたいものを考えてみよう

おすすめ記事

プログラミングを独学するイメージプログラミング独学は無理と思っている方へ:独学が可能な理由と方法論解説 仕事のプロフェッショナルイメージプログラミングを勉強するメリットとは?:身につく3つのスキルと転職しやすさを解説します