エンジニアを目指すなら「サイト模写」はやらなくて良い理由

 

この記事を書いた人

けんぞう
エンジニア

プログラミングを独学し、実務未経験からWebサービス自社開発企業へ転職した人。プログラミング独学の方法や、転職活動に関する情報を発信しています。

 

こんにちは、けんぞうです。「エンジニアを目指すならサイト模写は、ほどほどでやめて次に進むべき」と僕が考えている理由について書きます。


この記事をざっくり言うと
  • この記事は、バックエンドエンジニア就職(転職)を考えている人向けです。
  • エンジニアを目指すなら、模写をやる必要がない理由を、具体的に解説します。
  • 時間をかけるべき勉強内容について解説します。

前提:エンジニアとコーダーは別物である。

defaultImg

プログラミングで何か仕事をしようと思った時の進路として、以下のようなものがあります。

  • コーダー(HTML、CSS)
  • エンジニア(フロントエンド/バックエンド)

本記事は「後者のエンジニアとしてのキャリアを考えている人」を対象としておりまして、コーダーとして仕事をしていく場合には、模写は有効な学習手段かと思いますが、「エンジニアを目指している場合にはサイト模写の学習はほどほど良いというか、場合によってはやらなくて良い」という内容です。

余談☕️:Web系自社開発企業では「コーダー」というポジションはない

また余談ですが、Webサービスを自社開発している企業さんへの就職・転職を考えている場合、「モダンなWeb系企業さんは大抵、コーダーというポジションを設けていない」というご認識も持っておいた方が良いかと思います。Wantedlyの求人などでご確認いただければと思います。
(コーダーに近いポジションとしては「Webデザイナー」になるかと思います)


結論:エンジニアを目指すなら、模写はほぼ不要である2つの理由

defaultImg

繰り返しですが「エンジニアとしてのキャリアを考えている場合、模写学習はほぼ不要」です。その理由を解説します。

 

  • 理由①:Boostrap / MATERIAL-UIなどのフレームワークを導入すれば、CSSの深い理解を必要としないから。
  • 理由②:エンジニアを目指すならば、サーバーサイド言語やReact / Vue等の学習に時間を割く方が、投資対効果が高いから

 

理由①:Boostrap / MATERIAL-UIなどのフレームワークを導入すれば、CSSの深い理解を必要としないから。

UIフレームワークを使えば極端な話、CSSを1行も書かずにWebサイトやサービスを実装することが可能です。
例えば僕が最近作った「TextOverlay」という文字載せサービスでは、「tailwindcss」というUIフレームワークを導入しておりまして、自分で書いたCSSコードは以下のみです。

👆自分で書いたCSSコードはこれだけ

もちろんCSSについて全く理解する必要がなくなる訳ではないのですが、初学者が躓きがちなfloatとか センタリング とかについては、UIフレームワークを使いclass を指定するのみで、実現できてしまいます。

したがって一生懸命cssについて覚えたは良いものの、あとでサービスやWebサイトを作る段になって、「あれ?あの頃に覚えたcss の知識全く使わないじゃん」となる可能性が高いかと思います。(僕はそうでした、、)

理由②:エンジニアを目指すならば、サーバーサイド言語やReact / Vue等の学習に時間を割く方が、投資対効果が高いから

僕はバックエンド技術としてはRuby on Rails 、フロントエンドではReact の学習をしてきましたが、こういったフレームワークを理解する方が、HTML/CSSよりも時間・労力を要します。

そして後の転職活動では、上記のようなフレームワークを理解した上で、質の高いポートフォリオを作ることが最重要になってきます。また、もちろんですが、エンジニアとしての転職活動において「模写したサイト」などはポートフォリオとして機能しません

つまり、上記フレームワークの学習の方が重要度が高く、難易度も高いという理由から、模写に割く時間は最小化もしくはゼロにして、フレームワークの学習を早めに始める方がエンジニアになるためには近道だ、ということです。


エンジニアになるための学習内容

じゃあ、HTML/CSSの代わりに何を勉強すれば良いの?

疑問くん

けんぞう

Rails/PHP などのサーバーサイド言語の学習、React等のモダンなフロントエンドライブラリの学習を僕はおすすめします。

「エンジニアとコーダーが別物である」ことと同様に、コーダーになるための学習内容とエンジニアになるための学習内容は別物です。「サイト模写はコーダーになるための学習内容」とご認識頂いて、間違いないかと思います。

エンジニアになるための学習内容、学習方法については以下の記事で解説しておりますので、あわせてご参照ください。

【Ruby on Rails】スクールを超えるポートフォリオを実装する3STEP【実例あり】

というわけで、本日は以上です。

けんぞう

Twitterではプログラミングの独学テクニックや、転職活動の情報などを呟いてます。ぜひフォローしてみてください!

けんぞうのTwitter