プログラミングを「最小のコスト」で学ぶ方法

こんにちは、けんぞうです。

個人的には「情報の選択能力があれば、無料でもプログラミングは学習できる」と思っていまして、とは言えある程度払うべきコストもあるかなと思うので、今回は「最小のコストでプログラミングを学ぶ方法」を考えてみます。

この記事をざっくり言うと
  • 方法①:月額課金サービスで「基礎力」を身につける
  • 方法②:Qiita、Youtube、Medium等で有益な情報を探す
  • 方法③:自分のレベルにあった良質な教材を安価で購入する

方法①:月額課金サービスで「基礎力」を身につける

言わずと知れた「ドットインストール」「Progate」で、HTML/CSS/Bootstrap/Gitなどの知識をまずは身につけるのが、学習初期においては得策かと思います。

上記の知識は、今後どの言語に学習を展開していくにせよ「前提として理解しておくべき知識」になってくるので、ここが抜け落ちてしまうとおそらく今後の学習において「前提を知らないため、教材が意味不明で挫折する」というパターンに多々陥ってしまうかと思います。

プログラミングを独学するなら、「学習順序」が大事だよっていう話。

Google検索を駆使すれば無料でプログラミングを学習することは可能ですが、月額1000円の出費くらい許容する広い心を持っていた方が、成長が速いかと思われます。

▼爆速で成長されているりょたろさん


方法②:Qiita、Youtube、Medium等で有益な情報を探す

日本語情報のチュートリアルを探すのであれば、現時点ではQiitaが最も適していると思いますさらに、深掘りして情報を探したい時には、Youtube・Medium等が結構使えます。ほとんどは英語ですが、日本語では手に入らないような、痒い所に手が届く情報を手に入れやすいです。

▼Rails – APIモードでVue.jsを使う実装チュートリアル(ここまで詳しい情報は、日本語では見つからない)

▼Rails – APIモードでReact.jsを使う実装フロー

参考 Todo List - Building a React App with Rails APIMedium

▼個人的に超おすすめなYoutubeチャンネルまとめ

▼開発関連の動画だけを集めたDevTube 


方法③:自分のレベルにあった良質な教材を安価で購入する

 

  • ポイント①:教材販売者は信頼できる実績があるか
  • ポイント②:情報が十分に新しいかどうか
  • ポイント③:自分のレベルにあっているかどうか

 

上記のポイントを押さえながら、教材を購入すると失敗しないかなと思います。

余談ですが、英語にはやっぱり慣れた方が良いですよ。

「英語の方が、Google上での情報量が多いよね」という話は、開発関連の情報を探す際には、如実に現れますし、英語の情報を避けてしまう⇒必然的に良質な教材も手に入れられないとなってしまいますので、Reading / Listening についてはある程度抵抗を無くした方が良いと思います。

以上でーす