MacでNode.jsをインストールする手順

最近はGatsbyJSを勉強する流れで、「Node.jsをインストールしておいてね」という話が出てきたのでやってみました。

全体の流れをメモしておきます。

  • nodebrewインストール

    nodeのバージョン管理等を行うツールnodebrewのインストールを行います。

    これでnodebrewのインストールはできているので、以下のコマンドで確認することができます。

  • Node.jsインストール

    次にNode.jsのインストールを行います。以下のコマンドで最新版のインストールが可能です。

    ただ僕がやってみたところ最新版だと、その後のコマンドが働かなかったので、バージョン指定の以下のコマンドを使いました。

  • Node.jsを使えるようにする

    実行パスを通すためのコマンドです。「Users/xxxxx」の部分はpwdと打ち込んで出力されるものに置き換えてください。

    うまく行っていれば、バージョン確認の以下のコマンドで以下のような出力結果となります。

    もし、「-bash: node: command not found」の出力結果となった場合は、.bash_profileに以下の内容を追記します。(Macで.bash_profileをいじりたい場合は、$ open ~/.bash_profileで編集が可能です)

    こちらを記載した後、ターミナルを再起動して再度、node -vでバージョンを確認してみてください。