挫折する可能性を最小化したプログラミング学習手順を解説する【遠回りしない】

こんにちは、けんぞうです。

挫折する可能性を最小化したプログラミング学習手順を解説します。まず、結論としては以下のツイートの通りです。

挫折可能性最小化プログラミング学習手順

まず前提として、HTMLCSSなどWebの見た目を作る言語を対象とします。その上での学習手順は、以下の通りです。

プログラミング学習手順
  • 手順①:HTML/CSS理解(Progate)
  • 手順②:WordPressブログ開設
  • 手順③:WordPressテーマ作成手順理解
  • 手順④:部分模写しつつ実装力UP
  • 手順⑤:オリジナルテーマ作成

手順①:HTML/CSS理解

HTML/CSSは、Webサイトの見た目を作るもの言語ですから学習は必須です。JavaScriptの知識もあれば実装の幅が広がりますが、短期間でサイトを形にしたいならHTML/CSSだけでOK。

この際利用するのは、Progateが良いでしょう。また、サルワカでも初心者に優しい説明がされているので参考になります。

ドットインストールとどっちが良いか問題

個人的にはProgateの方が良いです。理由は手を動かせるから。ドットインストールだと動画でサクサク観れる反面、手を動かさなかったりしがちですよね。

『どのサービスを使ったら良いか?』というところであまり立ち止まらない方が良いです。プログラミングの入り口の前で足踏みしているようなものですから。

どっちが良いか分からなかったら、両方試してみたら良いと思いますよ。


手順②:WordPressでブログ開設


Web
系言語を学ぶ人は、WordPressのブログ作っておくのおすすめです
。メリットは以下の通り。

  • メリット①:テーマ作成カスタマイズ等を通じて実践の機会がある
  • メリット②:クラウドワークスなどの案件でもWordPress系は多め
  • メリット③:仕事の受け口にもなる

実際僕は、当ブログにカスタマイズを加えまくる過程でjQueryの知識などが身につきました。

さらにいうと、SEOに関する知識も手に入り、SNS運用についても理解深まるので割と最高のツールであります。

という訳でブログ開設しましょ。簡単ですよ。

wodpress始め方 WordPressを使ってブログを始める方法を4ステップで紹介する


手順③:WordPressテーマ作成の手順理解

次に、WordPressのオリジナルテーマを作る手順を理解します。この際参考になるサイトは以下の2つですね。

これらを各1周くらいやると、レスポンシブ対応したおりじなるのテーマを作れるようになり、テーマを作成する手順が大体頭の中に入ります。


手順④:部分模写等で実装力をUPする

ここからさらに実装力を上げていきましょう。おすすめは、部分模写です


動画で解説している通り、Chrome検証ツールの使い方とかも学べるので、模写は結構おすすめです。

プラスアルファで学ぶなら

また、プラスαで勉強するならば『HTML5/CSS3モダンコーディング フロントエンドエンジニアが教える3つの本格レイアウト』などもおすすめです。グリッドレイアウトなど、痒い所に手が届いている感じの一冊です。


手順⑤:オリジナルテーマ作成

最終手順としてオリジナルテーマを実装しましょう。手順③の時点で、実装の全体像は見えているはずです。

実際僕は上記の手順に添いつつ、オリジナルテーマを1つ実装することで、マナブさんのオンラインコミュニティ講師案件を取れたりしました。


たくさん作ろう

ここからさらに実装力を上げたいなら、気になったものを片っ端から実装していくのがおすすめです。僕は左右に分割されたスプリットデザインのサイトが気になったので、ポートフォリオがてらに実装しました。

やはり、プログラミングは書いたら書いた分だけデキるようになります。楽しみつつ、色々なサイト作りにチャレンジしてみてください。

本日は以上です。

関連

プログラミングを2週間独学したら、月5万円になった。