読み忘れを防ぎ必要な情報のみフィルタリングする情報整理法

こんにちは、けんぞうです。

最近情報整理方法を改めまして、Pocket / LINE / Notionを使い情報を整理しています。

全体的な流れ

以下の通りです。

1.あとでじっくり読み返したい記事はPocketに保存しておく。

最初のフィルタリング手段としては、Pocketを活用しています。

サクッとページデータを保存して、オフラインでも閲覧が可能なのですごく便利です。

Pocketは便利ではあるですが「あとで読むのを忘れる問題」があって、それをなんとかするためにIFTTTを導入しました。

2.iftttであらかじめPocketとLINEが関連付けられているため、LINEに記事が届き読み返す

IFTTTは「異なるアプリケーションを連携させることができるサービス」でして、今回の場合は「Pocketに記事を保存したら、LINEで通知を飛ばす」という設定をしました。

LINEに通知をためておき、休憩の際などにまとめて読むという感じで「読み忘れ問題」は解消されました。

3.読み返した上で今後も使えそうな知識だった場合には、Notionに保存する


Pocketに保存した記事の中で「今後も使えそうだなー」という記事はNotionにまとめていくようにしています。

特にプログラミングで複数のFWを学習していると、学習のたびにリファレンスを探しに行くのは手間なのでひとまとめにする場所を作っておくと便利です。

情報整理術のポイント2つ

上記の僕の方法もまだ改善の余地があるのですが、「情報整理術で大切なポイント」は基本的に変わらないと思うのでまとめます。

ポイント①:あとで読む機会を作る

PocketやQiitaのストック、はてブなどで「あとで読む」をよく使うのですが、「読む機会をしっかり作ってあげること」が非常に大切です。

普通にPocketに保存しっぱなしだと、読むの忘れますからね…

僕の場合はLINEに通知を飛ばす形にしていますが、SlackでもGmailでも形式は何であれ、保存したことを思い出させてくれて読む機会を作る仕組みを構築しておくと良いかと思います。

ポイント②:テンションが上がるノートアプリを使う。

僕はNotionという美しいノートアプリを使用しているのですが、「それを使うときにテンションが上がるかどうか?」が割と大事だと思っています。

EvernoteやiOS純正メモにはないNotionの素晴らしさは以下の通りです。

  • 無限的にノートの階層を作ることができる
  • 各ノートにワンタッチでアイコンをつけることができる
  • 各ノートにワンタッチでカバー画像をつけることができる
  • マークダウンでソースコードの書き込みも可能
  • Notion web clipperでページの保存も楽

という感じで今後とも情報整理は楽しみつつやっていこうかなと思っとります。以上です!