【Rails開発メモ】ユーザー・投稿の編集機能実装手順

保存済みの投稿やユーザー情報を編集する実装手順です。データベースの書き換えですが、やることはそんなに変わりないです。

今回は「投稿」の編集機能についてのみ解説しておきます。

  • STEP①
    編集用のビュー作成

    まずは投稿を編集する用のビューを作成します。今回は、/posts/:id/edit が投稿編集用のビューとします。ルーティング、コントローラーについては以下のように記述します。

  • STEP②
    form_tag編集

    次にform_tagを編集していきます。テキストエリアに対して、あらかじめ編集前のテキストが入るようにしておきます。

    送信先の指定として、updateのルーティングとアクションも定義します。

    routes.rbでの記述ではデータベースの書き換えを行うので、post で記述する必要があります。

  • STEP③
    updateアクションの中身を追記

    最後にupdateアクションの中身を追記していきます。単純にパラメーターから拾った情報を、postsテーブルのcontentカラムに上書きすればOKですね。

編集機能の実装は以上です。躓くポイントはなかったかなという感じでした。