プログラミングスクールの10分の1以下のコストで独学の効率を爆上げする方法

こんにちは、けんぞうです。
プログラミングスクールはお高いので、代わりに「ディスプレイ」買えば良いと思っています。


この記事をざっくり言うと
  • スクールは高いので、ディスプレイを買って独学を快適にした方がいいのでは?
  • ディスプレイがあると、kindleでの学習が捗ります
  • ディスプレイがあると、Youtube / Udemyでの学習が捗ります

スクールは高いので、ディスプレイを買った方がいいのでは?

 

プログラミングスクールって、高いですよね、、

スクールの教材に価格相応の価値があるか」という価値ベースではなくて、「スクールを運営するために、どれくらいのコストがかかるか?」というコストベースで価格が設定されている気がします。

そんな訳なので、僕の観測範囲では、「スクール超よかった!大満足だ!」「スクールに通ったから、フリーランスになれたぞ!」みたいな意見は全く見かけませんし、むしろ「成長はできたけど、ぶっちゃけ高すぎるよね」という結論に至っている方が多いです。

独学のコツとかは当ブログでは色々紹介してきたのですが、何気に僕の独学をずっと支えてきてくれたのが、こいつです。ディスプレイです。


ディスプレイがあると、kindleでの学習が捗ります

 

僕はTwitterやブログでは、「技術書は紙よりも、kindleで買った方がよくね!?」という主張を続けておりまして、それは「kindle for mac」をディスプレイで開くと、学習が大変快適だからです。

「技術書の内容を読んで理解する」「実際にコードが書ける」これらは完全に別物で、実際にコードを書けないと意味がないので、「技術書を読みながら、書く」を実現できる状態を模索した結果、この形となりました。

テストでいい点取れても、英語が話せない日本人

どこかで2チャンネル創設者のひろゆきさんが、「教科書をまじめに読んで勉強してても、日本人は英語が話せない状況は、プログラミングを本で勉強してコードが書けない状況に似ているよねー」とお話されていて、いい例えだなーと思ったのでした。


ディスプレイがあると、Udemy / Youtubeでの学習が捗ります

☝️実際学習中のスクリーンショット / 横幅が広いので、Chromeとエディタを広々見れる

「Progate / ドットインストールが終わったけれど、もう少し深掘りして学習したいなあ」という悩みは初学者あるあるかと思うのですが、そういった時はYoutube / Medium / Udemy でチュートリアルを探してみるのがおすすめですよ。

プログラミングを「最小のコスト」で学ぶ方法

もちろんYoutube / Medium / Udemyで学習する際も、ディスプレイがあるとストレスなく学習を開始できるので、やっぱりディスプレイ最高なんです。

ちなみに僕が使っているのは、こちらです。

以上でーす