プログラミング独学で挫折しないために必要なのは『具体性』です。

こんにちは、けんぞうです。
プログラミング独学で必要なのは、やる気でも勇気でもなくて『具体性』だと思っています。

今回はプログラミング独学で必須な『具体性』について考察します。

具体性がないとプログラミングは挫折する

 

プログラミングに限らずですが、具体性に欠けていると挫折しやすいです。僕の経験を踏まえつつ解説します。

具体性の欠如で挫折しまくってきた

僕も具体的な手順などが全く不透明だったときは、挫折しまくってきました。

  • 大学3年:そもそもどの言語で何を作れるのかが分かっておらず挫折
  • 大学4年:HTMLなどは理解したが、公開方法などが分からず挫折
  • 社会人:Pythonを少し理解したが、活用方法がよく分からず挫折

まあ、今思うと『ググれよ』っていう話なのですが、具体性がなかったときはとにかく沢山挫折してきました。

とは言え、プログラミング学習における挫折は無駄にはならないと思っているので、挫折してきた経験もまあOKと考えています。

関連

プログラミング独学の挫折は無駄にならない【理由を解説する】

具体性とは手を動かせる状態です

ここで言う具体性とは、手をすぐに動かせる or 動かすイメージが湧いている状態です

この状態をキープしつつ、日々淡々と目の前の作業をこなしていくことだけに集中していると、まず挫折はしません。

マナブさんのSlackコミュニティなどを見ていると、何をやったらいいか全く分からない状態で手を動かすことなく、プログラミングの入り口の前で立ち止まっている人が多いように感じます。

具体性を実現する方法を解説します。


具体性を実現する3つの手順

具体性を実現する方法を、具体化すると以下の3つです。

具体性を実現する3つのステップ
  • ステップ①:意思決定する
  • ステップ②:細分化して期日を決める
  • ステップ③:断行する

ステップ①:意思決定する

意思決定をするは言い換えると、『情報を集めて、迷いを消去する』です

プログラミングを学び始めて、初期の頃は以下のような迷いが発生します。

  • どの言語を学んだらいいのだろう?
  • どのサービスを使ったらいいんだろう?
  • どの本を買って学んだらいいんだろう?

こういった迷いが生じるのは当然ですが、迷い続けるのは不毛です。ググればいくらでもヒントが出てきますから、それらを精査しつつ意思決定することが大事です。

例えば、僕も「Pythonを勉強しようかな?それともWeb系の言語?」みたいなモヤモヤが一時期ありましたが、『とりあえずWeb系を学習する』という意思決定をしました。

考え方を学んだ本

『迷う時間を最小化して、意思決定し、行動することが大事』という考え方は、『イシューから始めよ』と言う本で学びました。知的産業で働く全ての人におすすめできる1冊です。


ステップ②:細分化して期日を決める

意思決定をしてもまだ細分化する必要があります。例えばWebサイトを作ると一言にいっても結構幅があります。

  • レイアウトは?
  • 配色は?
  • WordPressなどを利用する?

おすすめなのが、WBSです。横文字でイカツイですが、簡単に言うと作業分解図みたいなものです。

個人的には上記ツイートのように、パーツごとに分解して期日を決めつつ実装して行くのがおすすめです。

関連

『ProjectSheet Planninig』を使えば、ワンクリックでWBSをGoogleスプレッドシートにつくれるよ。

 

TODOリストじゃダメなの?

基本的にはおすすめしません。

『TODOリストって作ったは良いものの実行しなかった』という経験ありませんか?

実際TODOリストの約半数は、実行されないということが分かっていて、原因としては期日が定まっていないことが考えられます。

時間の使い方についてもっと知りたい方は、『1440分の使い方』をどうぞ。


ステップ③:断行する

やることと期日を決めたら、断行していきましょう。もう言い訳の余地はありません。

この際、期日通りに完了できなかった場合には以下の可能性が考えられます。

期日通りに完了できなかった際の原因3つ
  • 原因①:自分の実力に見合った目標設定ができていない
  • 原因②:自分の時間配分にあった期日設定ができていない
  • 原因③:タスクがまだ曖昧である

3つ目の場合のことが結構あります。タスクがまだ抽象的である場合には、まだ細分化する必要があります。

例えば、『ヘッダーをコーディングする』というタスクが大きすぎる場合には、

  • ヘッダー部分を参考にしたいサンプルサイトを情報収拾する
  • コードを検証しつつ、作りを理解する
  • サンプルサイトを参考にしつつコーディングを開始する

くらいに細かくすると良いと思われます。


と言うわけで今回は、プログラミングを学習する上では具体性が大事と言うお話でした。

プログラミング初学者が躓きがちなポイントや、TipsなどをTwitterでも発信しておりますので、よかったらどうぞ。

関連

プログラミングを2週間独学したら、月5万円になった。