「プログラミング完全初学者は何から始めたらいいか?」のアドバイスまとめ

こんにちは、けんぞうです。プログラミングに関して全くの初学者だった頃の自分に向けて文章を書きます。

まずはHTMLからでOK

どの言語から勉強し始めるか?については、まずはHTMLからでOKかと思います。実際僕もHTML/CSSから学習を開始しており、そこからJavascript の勉強に移行して、「WordPressテーマ」という形でアウトプットしました。

HTMLをまず勉強することのメリットとしては、以下の3つがあります。

  • メリット①:Webサイトの見た目に関する言語なので、馴染み深い
  • メリット②:アウトプットの敷居も低い
  • メリット③:Railsなど他言語の学習の際にも役立つ

ですのでまずは勉強しやすいHTMLからプログラミングの世界に入っていくのが、挫折せずに継続的学習できるという点で得策かと思います。

僕の考え方としては、以下の手順で学習したら良いかなと。

学習の手順

  • HTML/CSS/Javascriptを学習して、WordPress等の形でアウトプット
  • そのままRailsの学習を開始して、ポートフォリオを作り、転職活動で使う←僕は今ここ

 

その他の言語について
  • Java:以前の職場で触りましたが初学者には少し難易度が高い印象。とは言え、関西転職においては需要を感じました
  • PHP:僕はあまり詳しくないですが学習コストは低いと思う。WordPressテーマ作成の段階でPHPの知識が必要になるのでそのタイミングで学習するのはあり
  • Python:今後も需要が見込める言語なので学習して損はないと思う。特に会社に勤めている人は、CSV出力などでツールを作ってみるとか良いかと

1つ1つやろう

プログラミング言語などたくさんあって、あれもこれも手をつけたくなると思いますが、まずは1つに集中しましょう

初学者の段階で、「PHPやりながらPythonもやって、Railsなんてやっているとどれも身に付かないと思います。(経験済)

まずは1つの言語に集中して取り組み、学んだことから形にして、形にできたら次の言語に移る方がはるかに効率が良いです

もちろん、複数の言語を学習することを否定している訳ではありません。エンジニアとして活躍し続けるなら、モダンな言語を継続的にキャッチアップしていくことは必須です。大切なのは、順番に一つ一つ取り組むという考え方です。


基礎はほどほどにしてポートフォリオを作ろう

最も大事なことは、ポートフォリオ作成に早めに取り掛かれということです。これは、当ブログでは度々言っていることです。

初学者は基礎学習に何週間、何ヶ月とかけてしまいがちです。それ自体が問題というわけではないですが、転職や仕事を受注する際に必要になるのは、頭の中にある知識ではなく「客観的なスキルの証明」です

ですので、Progate等を何周も学習するのではなく、早急にポートフォリオ作成に取り掛かりましょう。

特に初学者の方としては、HTML/CSS/Javascript を勉強して「Webサイト」を作るのが一番早く自信をつけられるのでは、と思います。詳しくは以下の記事をどうぞ。

プログラミング初心者は早めに「ポートフォリオ作成」に取り掛かろう【手順を解説する】

十分な時間を投資しろ

Progate等の有益なサービスや、当ブログで紹介した書籍等を利用すれば低価格で学習が可能で「お金」はそこまで必要となりません。必要なのは「時間」と「集中力」です

余談:いきなりスクールはオススメしない

「プログラミングを学ぼう=スクールに通おう」という思考回路でスクールに行くのは、カモにされるだけです

普通プログラミングスクールとかは1ヶ月ごとの追加料金などが発生するので、「何も知らない」状態で入会すると、それだけ長く滞在しないといけなくなり、ガボガボとお金が出て行きます。

まずは独学でやれるところまでやってみて、「必要であれば」スクールに通うというのが良いかと思います。

プログラミングスクールに通うなら明確な目的を持つべき【僕の失敗談アリ】


集中力を養おう

時間を投資しているのに何の成果物も出来上がっていないなら、それは集中力の問題でしょう。目安としては100時間くらいインプットしてポートフォリオを1つ作るくらいですね。

僕が短期間でプログラミングを独学できているのも、おそらくですが集中力があるからです。そして集中力は「環境をつくる」ことによって、誰でも身につけることができるスキルです。具体的な方法論は以下の記事で紹介しています。

集中力を鍛えればプログラミングは短期間で習得可能です【具体論を語る】

さらに言うと、集中力がないとスクールに通ったところでプログラミングを習得することは難しいでしょうから、どちらにせよ日々工夫しながら集中力を高めるトレーニングをすることをおすすめします。


はい!本日は以上です!