内向型におすすめの趣味は「自己表現」です。【創造性を生かそう】

 

 

内向型の性格にあった趣味とか、あるのだろうか?

 

趣味を探す内向型の方に向けて、記事を書きます。

 

 

▼この記事の内容

  • 趣味のタイプは「娯楽」「自己投資」「自己表現」の3種類です。
  • 内向的な性格の僕がおすすめする趣味は「自己表現」タイプです。
  • 「自己表現」タイプの趣味は、お金になります。

 

 

この記事を書いている運営者けんぞう(@kenzoooooB)は、根っからの内向型人間でして、大学生の頃は趣味がないことがプチ悩みでした、、

 

今では、趣味を見つけて人生を楽しんでいます。

 

そんな僕が今回は、「内向的な人に向いている趣味」というテーマで記事を書いていきます。

 

趣味は大きく3種類ある【おすすめは1つです】

 

趣味は大きな分類で分けると、以下の3種類あります。

 

  • 娯楽系:受動的に楽しむ
  • 自己投資:未来のために、学ぶ
  • 自己表現:外に向けて、発信する

 

おすすめは「自己表現」です。

 

理由は後述しますので、まずは上記のジャンルを具体的に深掘りしてみます。

 

1.娯楽系の趣味:受動的に楽しむ

 

 

娯楽系は流れてくるものを、観る・聴くといったものです。

  • 映画を見る
  • ドラマを見る
  • YouTubeを見る

 

趣味を「娯楽系に限定してしまう」ことはおすすめしません。理由は以下のような調査結果があるからです。

 

テレビを見ている時間のうち、本当に楽しいと感じる総視聴時間の13%に過ぎない(中略)
一方、趣味に没頭しているときは34%、スポーツをしているときは44%、それなのに、多くの人は、他の娯楽よりもテレビを見るのに4倍もの時間をかけている。

引用元:手ぶらで生きる

 

つまり、娯楽系の受動的な活動は本質的には満足することができないというわけです。

 

2.自己投資の趣味:未来のために学ぶ

 

自己投資は、未来の自分が楽できるように、スキルを学んだりすることです。具体的には、

 

  • 英語を学ぶ
  • プログラミングを勉強する
  • お金について本から学ぶ

 

自己投資系の趣味は、強い自制心を必要とするので、趣味として長期的に取り組むのは結構難しいです。(例:プログラミング初心者が、1日中プログラミング勉強すると疲弊する)

 

3.自己表現の趣味:外に向けて、発信する

 

 

自分が考えていること、感じたことなどを様々な形式で外に発信することです。

 

  • 自分の意見をブログで発信する
  • 一眼で撮影した写真をInstagramで投稿する
  • Twitterを使って、意見を発信する

 

内向的な人がこれから趣味を始めるのであれば、この「自己表現」系の趣味がおすすめです。

 

理由は、以下で科学的根拠に基づきながら解説していきます。

 

内向的な人は「自己表現の趣味」がおすすめ【理由は3つ】

 

内向的な人には、「自己表現の趣味」をおすすめしたいです

 

その理由が3つあります。

 

理由①:内向的な人は、自己表現で創造性を発揮できます。

 



内向的な人は、「芸術などの創造性を必要とする分野」で活躍する確率が高いことが証明されているからです。つまり、自己表現系の趣味を極めれば、ご自身の才能を発揮できるのです。

 

 

これは、「内向型人間の時代」で解説されていることですが、内向的は自らの創造性を発揮して、偉業を成し遂げたりできます。

 

研究の結果得られたもっとも興味深い発見のひとつは、すばらしい創造性に飛んだ人々は落ち着いた内向型だったという点で、のちの研究でも同じ結果が得られた。(中略)

彼らは自分自身について、自立していて個人主義だと表現していた。そして、多くの人が10代の頃には内気で孤独だったという。

引用元:内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

 

ですので、内向的な人は好きなものがあれば、自ら創作して外に出していったほうが良いです。

 

  1. 文章書くのが好き(得意):ブログをはじめてみる
  2. 写真が好き:撮影した写真をInstagramで公開してみる
  3. 映像つくりに興味あり:YouTube動画を一本つくってみる

 

>>関連記事:WordPressを使ってブログを始める方法を4ステップで紹介する

 

理由②:自己表現すると、「自己成長」もできます。

 

 

自己表現をしていく中で、自然とスキルを磨いていくこともできます。例えば、僕の場合はブログを毎日継続して書き続けることで、ライティングスキルが伸びています。

 

この理由は、客観的なフィードバックを得られるからです。例えば、ブログで言えばPV(アクセス数)のような数字のことです。

 

こういった数字を意識しつつ、改善を繰り返していくと、自然とスキルが延ばされていくんですよ。

 

逆に言うと、自分だけの世界でいくら作品を作っても、だれにも評価されていないと意味ないです、、これは残念ですが、世の中そんなもんです。

 

理由③:自己表現を継続すると、お金になります。

 

 

僕たちは「インターネット」という最強自己表現ツールがある、最高の時代を生きています。こいつをうまく使いこなす人はお金を稼ぎ、使いこなせない人は奴隷となります。

 

おおげさに聞こえるかもですが、これは事実ですね。

 

具体的には、

  1. 発信する
  2. 人が集まる
  3. 広告費が発生する

という流れでお金が発生します。かなり簡略化していますが。

 

インターネットに時間とお金を食われる奴隷がいる一方で、発信する人はインターネットを手段として利用しつつリターンを獲得します。

 

インターネットの奴隷については、こちらの記事でも書いているので、読んでみてください。

 

>>参考:【図でまとめた】一生インターネット奴隷である人の特徴と、奴隷を抜けだす方法

 

 

Q&A

 

 

僕もなんだかんだで1年間発信を続けているので、Q&Aを書いておきますね。

 

 

発信して笑われるのが怖いです、、最初の一歩が踏み出せません。

 

発信する人を笑う人は、どこにも一定数います。だいたい小物なので、無視してOKです。

 

僕も学生の頃から、ビジネス書とかの情報発信してたら「意識たけえwww」みたいな人がたまにいました。

 

小物なので、無視してOKですがせっかくコメントしてくれたのならネタとして取り上げてあげると良いですね。イケハヤさんがうまいので、参考にしてください。

 

本当に自己表現してお金が手に入るんですか?イメージがつきません。

 

手っ取り早いお金は手に入らないです。ただし、発信したものは資産になります。

 

例えば、僕の友達などはInstagramで写真を上げながら、それが評価されて撮影の依頼が来たりといったことがあります。

 

おそらく、写真家として活動したいとなったら、インスタを元手に営業もかけられると思います。

 

僕の場合は、学生の頃ブログでのPV数を元手にクラウドワークスで案件を取ってきたりしていました。

 

PVやいいねがそのままお金になるわけではないですが、それらを元手にお金を発生させることは可能ということです。

 

表現したいものが見つからないです、、何を表現したら良いでしょう?

 

人生をコンテンツにしていきましょう。

 

最初から有益な情報を意識する必要はそこまでないので、

 

  • 友人との会話で感じたこと
  • 仕事を通して迷ったこと、学んだこと、辛かったこと
  • 恋人、家族との関係で行き詰った経験

 

などを書いていくと同じ境遇に立っている人たちの心に刺さります。

 

そこからだんだん慣れてきたら、相手に有益な情報を与えることを意識すると良いです。

 

まとめ:内向型は「自己表現」の趣味を始めよう

 

今回の記事の内容をまとめると、

 

  • 内向的な人は芸術的才能を秘めている可能性あり
  • なので、内向的な人は「自己表現」系の趣味を始めるべき
  • 「自己表現」系の趣味は継続して、スキルアップすればお金を稼げる

 

といった内容でした。

 

この機会に、「自己表現」の趣味を始めましょう。

 

オススメ記事内向型は疲れやすい【スイートスポットを見つけよう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です