【写真あり】Daigo式ワセリンでスキンケアを始めてからお肌の調子がすこぶる良い

おはようございます、けんぞうです。

2ヶ月ほど前からスキンケアとして、「ワセリン」を使い始めました。きっかけは、パレオな男で紹介されていたからです。最近だと、メンタリストDaiGoさんの放送でも語られていましたよね。

風呂上がりの保湿剤としてワセリンを使い始めてから、お肌の調子がすこぶる良い旨お伝えいたします。

ワセリンにより少しばかりテカる私

追記(2019/1/26)

半年ほど利用を継続していますが、ニキビもなく肌の調子はかなり良いです。

追記 (2019/7/14)

気づけば一年以上、ワセリンのみでスキンケアをしていますが、継続してお肌の調子は良いですし、髭剃りの際のジェル代わりにも使えます。

 

スキンケアとしてのワセリン最強説

 

ぼくがワセリンを使い始めたきっかけとなったのは、パレオさんのこちらの記事なんですよね。

なんだかんだで「美肌にはワセリン最強」説 – パレオな男

当エントリで紹介されている実験では、赤ちゃんを対象にさまざまな保湿剤を使ってみて、効果を測定したようです。そして、結果としては

ワセリンが効果も高く、安いのでコスパ良いじゃん!

となったんだそうな。保湿剤によって皮膚炎が改善されると言うことも実験でわかっているそうなので、悩まれている方は試してみると良いかもしれません。

 

ほかの保湿剤との違い① 圧倒的に安価

 

ワセリンが長く愛されているゆえんは、やはり圧倒的なの安さであるといえます。

実際ぼくがAmazonで購入して使っているワセリンは、900円程度でこのでかさ。

商品リンク

一人で毎日お風呂上がりと朝に使用しても、半年くらいは持ちそうですよ。家族や、恋人と共有するのもいいかもしれません。

 

ほかの保湿剤との違い② 肌に膜をつくるような使い心地

 

ほかの保湿剤は、肌につけるとすっと浸透していきますよね。ワセリンは逆です。

ワセリンはがっつり肌の表面に膜をつくるような使い心地です。最初は少し使い心地に違和感を覚えるかもしれませんが、それだけ保湿力が高いということでしょう。(個人的見解)

使い心地もだんだん慣れてきて、お肌の調子も良くなってくるはずです。

 

ワセリンでスキンケア入門

 

使いすぎると顔面テカテカになるので気を付けよう

科学的根拠もあり、コスパも最強のワセリンですが、唯一のデメリットは使いすぎるとベタベタになること。

一回の使用で使い過ぎてしまうと、顔はテカテカになるし、手はべとべとと、油ギッシュな人間になってしまいます。

一回の使用の適量は、小指の一関節分くらいで十分です。

一回の使用量は小指一関節分くらいで十分

 

 

どうしても肌荒れに悩む方は、まずはメンタルから。

 

Daigoさんのニコニコ放送でも紹介されていた話ですが、お肌の状態とメンタルは割と相関があるそうです。

なので、ずっと肌荒れが続いてしまっている方は、まずはメンタルを整える方法を試してみると良いかもしれません。

ストレスが解消されない方は、エクスプレッシブライティングを試してみると良いです。僕もストレスを感じるときは、よく使う手法です。

瞑想も試してみると良いと思います。自分を客観視して、対処する行動をとれるようになるので、無駄なことでウダウダと悩まなくなりますよ。

オススメ記事

【まとめ】パレオさんの良書『最高の体調』を書評する【少しネタバレ】 【ぶっちゃけ】パレオチャンネルに登録して1か月、540円の価値はギリあります。