月間1万PV到達しました!【アクセスUPの3つの工夫】

けんぞう

田中けんぞう

神奈川で家賃2万の家に住みつつ、Webデザインの勉強中の23歳。勉強の記録はこちら

 

去年の7月から運営を開始した当ブログですが、1万PV到達しました!やったよーう!

一応解説しておくと、PVとはページビューのことでして、1万PVとは1万回ページが閲覧されたねってことです。ちなみに、今月ユーザ数は2500くらいでした。

今回の記事では、当ブログで行ってきた改善策などを晒していきます。サイトを運営している方、これから運営しようと思う方の参考になればと。

 

改善1. ユーザーの回遊を促す仕組みをつくる。

 

ユーザーが回遊率を上げる改善策3つ
  1. ヘッダーナビ
  2. 記事内のプロフィール(この記事を書いた人)
  3. ゴミ記事の削除

先月は、ユーザー1人当たりのページビュー2.01だったのに対して、今月は3.18と改善されました。

1.ヘッダーナビ

Page analytics などを見ていても、ヘッダーナビはかなりクリックされやすい部分でし。当たり前ですよね、一番上にあるのだから。クリック率などは、「Page Analytics」を使うと簡単に可視化ですます。

ポイントしては流入が多いクエリと、関連した内部リンクを配置することかと。当サイトでは、無印アイテムのレビュー記事の流入が多いですので、無印アイテム記事一覧への導線を配置しています。

関連記事

page analytics Chrome拡張機能Page Analyticsで内部リンクのクリック率を可視化

2.プロフィール

プロフィールボックス

これです。

参考にさせて頂いのは、ミニマリストしぶさんのブログ。しぶさんのブログは、冒頭に「この記事を書いた人」が入っていて、グッと読者を惹きつけますよね。これと同じことをやりました。

簡潔に自分の人生ストーリーと現在を共有し、以下の行動を促しました。

  • 他の記事を見る理由を与える
  • 再訪問する理由を与える

こちらも適度に効果を発揮してくれたかと思います。

3.ゴミ記事を削除し、カテゴリを整理する

170→120記事まで、がっつり過去の記事を削除しました。ちよっと名残惜しい気もしましたが…

心理学で「選択のパラドックス」と言われる有名な話なんですが、人間は選択肢が多すぎると選択しなくなります。つまり、記事が無駄に多すぎると、読まれないんです。

記事を削除することで、カテゴリ設計も幾分スマートになりました。


改善2. ソーシャルへの露出時間帯を夜にする。

 

ソーシャルへ露出する時間帯も、朝や昼から夜9時ごろに変更しました。これは、かなり効果がありました。

単純に朝や昼の忙しい時間帯よりも、夜の方がスマホを利用する人が多く、SNSに滞在している人が多いです。記事をシェアするならば、多くのアクセスが見込める時間帯を攻める方が賢いですね。

僕が参考にしているmanablogも、記事は朝に入っているのですが、Twitterでシェアされるのは夜です。


改善3. ポエムで滞在する理由を与える

 

記事の最後にポエムを入れるようにしました。目的は滞在時間の延長です。前月比較で、20秒程度滞在時間は改善されました。

記事前半の内容に興味がない人でも、意味ありげなポエムが記事後半にあることで、滞在してもらいやすいです。

このテクニックは、ビジネスメールなどでも使えます。PSを入れると、メールが最後まで読まれやすいのです。これは、メンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」で学んだことです。

これの参考にしているのは、名もなきライターさんのnoteです。有料なので、内容は書けないですが、同じような仕掛けがされています。


最後に

おそらく、サイトのアクセスを増やし続ける方法は「改善」です。昨日と同じように無思考に記事を書くのではなく、1%でも読みやすく読者に刺さる工夫を組み入れることだと思います。

当ブログでも少しずつ改善して、前に進んでいきます。みなさんも何かしらで、前に進んでいきましょう。


参考

選択のパラドックスの話

ビジネスメールではPSが読まれる話


お礼

いつも、僕のブログを見てくださっている皆さま本当にありがとうございます!

1万PVは、区切りとしてずっと目指していた数字ですので、単純に嬉しいです。いや、めっちゃ嬉しい!!

去年の末ごろはアクセスが伸び悩んで、ブログを放棄しようかと思ったくらいだったのですが、続けてきて本当に良かった…


同じ頃にブログを始めたシンの言葉は、嬉しかったですね..facebookでも時々、いいねくれる方にも地味に励まされてきました。

拙い文章ですが、今後とも当ブログをよろしくお願いします!