【新卒1年目仕事の教訓シリーズ #3】コミュニケーションはどうあるべきかについて

おはようございます、けんぞうです。

さて、当ブログでは『仕事の教訓シリーズ』と称しまして、僕が日々の仕事から学んでいること・考えていることなどを、まとめてお届けしております。

今回は、第3回ということで、『仕事でのコミュニケーション(社内)って、どうあるべきなのか?』について考えてみます。

 

仕事の振り方は、全体像を見せるべき。

 

僕はまだ一年目なので、仕事をどんどん上から任されるような立場にあります。

色々な人と仕事をしていると、『この人タスクの振り方がうまくて、仕事がしやすいな』という人がいます。

そういったタスクを振るのが上手い人の共通点は、仕事の全体像を見せてくれることだと思います。

(良い例)仕事の全体像を見せてくれる上司

上司A
この期間内でA~Gまでの仕事を完了させる必要があるので、まずはこのタスクをやってほしい。期日は、〇〇まで

ざっくりいうとこんな感じです。

仕事全体の中で自分がどこの役割を担っているのかを示してくれた上で、タスクを振ってくれます。

仕事の全体像が見えているので、タスクを振られた側も、

たなか
これが終わったら次は、あれをやらないといけないんだな

という感じで、自走しやすくなります。

 

 

一方で、『ちょっと、仕事しにくいな』と僕が思ってしまう人は、「とりあえず、これやっといて」という仕事の振り方になってしまっています。

このパターンだと、コミュニケーションは以下のようになります。

(悪い例)これやっといて上司

上司B
とりあえず、これやっといて
たなか
終わりました〜!
上司B
じゃあ、次これ

 

 

これだと、次々にタスクが振ってくるような感じで終わりが見えず、ラットレースに巻き込まれているような感覚になってしまいます。

もちろん、部下からの歩み寄りも必要ですが、上司としても最初に全体像を見せてから部下に自走させた方が楽になる気がしています。

不明点があるまま、走ってはいけない。

 

初めての仕事を任される経験をするなかで、『不明点があるまま、走ってしまうとあとあと事故になる』ということを失敗から学んでいます。

僕が最近失敗したことで『〇〇やって』と言われた時に、憶測で仕事を進め、全く違うアウトプットを出してしまったことで

  • 自分がその仕事をやった工数
  • 修正を加える工数
  • 進捗を見直し、計画を修正する工数

など、とにかく無駄が生じまくります。

わからないことはちゃんと聞く』というのは、当たり前のようで見過ごしてしまっていた仕事の基礎だと学びました。

正確性とラフさが大事

 

上記のような認識齟齬を生まないためには、正確性を重視したコミュニケーションがもちろん大事になります。

そうなると、社内のコミュニケーションでも固い感じになりがちです。

これはもちろん必要な固さですが、とはいえ円滑に仕事を進めるためには信頼関係が大事であり、信頼関係構築にはある程度ラフなコミュニケーションも必要です。

オンラインのコミュニケーションツール(Slackなど)でも、スタンプなどの機能があったりして、ラフさを表現できるようになっています。

ラフに感情を表現してくれる人は人間味を感じやすく、仕事を進める上での信頼関係も構築しやすいと感じています。

まとめ

 

そんなわけで第3回は、コミュニケーションに絞って学びを紹介しました。

まだまだ、できないことばかりなので、一つずつこなせるようになっていきたいですね。

たなか
最後まで読んでくれてありがとね、気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です