完全教祖マニュアル、あなたが教祖になるための方法【ミッキーはもはや教祖】

 

完全教祖マニュアル』が面白いです。

影響力が資本になる今の時代で、歴史上の教祖たちの行動は大変参考になると思います。

ざっと、教祖になるための方法をまとめてみようと思います。

参考

 

そもそも、教祖とは何か?

 

教祖と言われるとキリストや釈迦などを、連想する方が多いかと思われます。

より単純化して教祖とは何かを考えると、

  1. 何か言う人
  2. それを信じる人

がいれば、「何か言う人」が教祖して成立します。

ここで大事なのは、

  • 何か言う人が何を言うか?
  • それを信じる人がどれくらいいるか?

この2点です。

教祖に不可欠な2つ要素は「社会的弱者」と「新しい基準」

イエス・キリストに限らず、教祖として上り詰めた人たちに共通するのは

  1. ターゲットを社会的弱者にしている
  2. 新しい基準を設定し、救済の手を差し伸べる

これを満たしている人は、教祖となりやすいです。

イエスキリストも、安息日に病人を癒したり、当時差別の対象であった社会的弱者と交流したりしました。

周囲の人々からは、後ろ指さされる中で『これが、正しいんだ!』と反社会的な基準を設定することで、のちに多くの人から支持を得たのです。

インフルエンサーは、現代版教祖例

ここまで読んでも「ああ、そう言う世界もあるのね」くらいで終わってしまいますが、ここから現代版の教祖を考えてみると面白いです。

ブロガーなどのインフルエンサーは現代版の教祖だと、考えることができます。

(例)ブロガーが、日本の労働環境に物申す場合

 

  • ターゲット:サラリーマン(満員電車や長時間労働で疲弊している、重労働環境の下敷きになっているある意味弱者)

 

  • 新しい基準:そんなの間違っているぞ!好き勝手生きろ!

この新しい基準に賛同した多くのサラリーマンが、ブロガーさんのもとへワラワラと集まっていくんですね。

たなか
否定しているわけでは、ないですよ!

 

ミッキーは、もはや教祖

 

はっきり言って、ミッキーはもはや教祖です。はい、あのミッキーです。

「ミッキーマウス」の画像検索結果

画像参照元:ディズニー

ディズニーランドに入った人たちは、ちびっ子から大人まで憚りなくカチューシャをお付けになりますよね。

『カチューシャをつけるという行動』を分解して考えると、

  • 普段なら取らない「新しい基準」に沿った行動を取らせる
  • テリトリ内ではその行動は当たり前であり、許容される
  • その行動は、周囲の人間には理解不能

というわけで、これはまさしく宗教のそれと同じな訳です。

つまり、ディズニーランドという宗教のトップに君臨しているミッキーはもはや教祖と、言ってしまっても過言では無いでしょう。

まとめ

いきなり、ミッキー先生ほどの大きな世界を創るのは難しくても、少しずつ影響力をつけていくことは可能です。

影響力は重要な資産となる時代です。

まずは、声をあげる、そして継続して意見を発信し続けることが大事ですね。

教祖について詳しく知りたい方は、ご一読くださいませ。

 

たなか
最後まで読んでくれてありがとね、気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です