人に影響を与えるのが怖い人が、ブログなんて書くべきじゃない。

 

けんぞうです。

最近よく他人のブログを読んでいて思ってしまうことがあります。それは、

たなか
この人たち、ブログ書く意味あるの?

ということです。

人のやることに口出しをするのは非常にお下品であることを承知の上、今日は『ブログを書く意味』について考えてみようと思います。

ブログは、他人に影響を与えてナンボ

 

当たり前ですが、ブログは自分以外の誰かに向けて書いています。

そして、その誰かが僕のブログを読んでくれて、正しい知識を手に入れて人生を変えてくれた良いと思っています。大げさな言い方ですが、これは本心です。

つまり、ブログというのは誰かに影響を与えて初めて意味があるものなのです。

他人に影響を与えることにビビってしまって、ベクトルが自分に向いている日記なんて、控えめに言って読み手にとって価値はありません。

 

影響を与えることを避ける人は、永久に時間を浪費する

 

そもそも、この記事は『ブログで成果をあげたい』という前提で話を進めています。

もちろんですが、

たなか
おれは日記を書きたいんやあ!

という方は、日記書けば良いと思います。それを全く否定するつもりは、ありません。

ただ、僕が言いたいのは

  • ブログで、成果をあげたい
  • でも、他人に影響与えたくなくて日記を書いている

という人は、とんでもなく時間を浪費していることになるよ、という話なのです。

 

人に正しく影響を与えるための方法【3つある】

 

つまり、読者に影響を与えることは大前提として、大事なのは『どの方向に導くか?』という問いなのです。

読み手に影響を与えたくない人は、そもそもここまで頭が回っていません。前段階で、思考を放棄しているからです。

ここからは、人を正しい方向に導くための方法論を3つご紹介します。

1.情報の質にこだわれ。

 

当たり前ですが、記事の価値を決めるのは中身の情報の質であります。

読者に対して正しく影響を与えたいなら、質の高い情報を自分がゲットする必要があります。

例えば、僕のブログであれば科学的な知識や、ビジネスの知見などを本から毎日学ぶようにして、情報の質を担保しています。

人に何かを教えたいなら、まずは自分が学ぶ必要があるのです。

ここを面倒臭がっていては、情報の質は上がりません。僕も日々学んでいます。

2.日常+知識で、情報提供しろ。

 

ここまで日記記事を貶していながら、当ブログには「タナカの日常」というカテゴリが実はあります。

しかし、そこで書いている記事も僕が「知識にのっとり」行動した記録を残しています。

自分が何を考えて、どう行動したかまでがセットになれば、読者は参考にすることができます。

たなか
ほんとの日記記事は、以前に全部消しちゃったよ。

3.経験から得た教訓を、提供しろ。

 

自分の経験から得た教訓を、情報として伝えるというのも1手段としてあります。

例えば、当ブログでも『仕事の教訓シリーズ』といって、僕が仕事から学んでいることを抽象化して記事にしていて、割と読まれています。

漠然として日記ではなくて、それを教訓として、読者に示唆を与えるものであれば、それは1つの価値になると考えます。

 

まとめ【書き続けたら、きっと良いことある】

 

いま書いているブログが、日記になってしまっている人は今一度考え直してみた方が良いです。

日々、有益な情報を届けようと頑張っていると、ある日ひょっこり嬉しいことが起こったりします。

先日書いた『ブログは量or質?』の記事は、イケハヤさんにシェアしてもらったりしました。


ブロガーの皆様は、淡々と自分たちの読者のことを考えて、記事を書き続けましょう。

僕からは、以上です。

 

たなか
最後まで読んでくれてありがとね、気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です