【おすすめ】新卒社会人になってから、読んでよかった本7選

けんぞうです。

さて、当ブログ運営者の私けんぞうは、「本棚」というページを設けるほどの本の虫であります。

社会人になってからも、大体月10冊くらいは本を読んでいます。

そんな僕が、新卒として働き始めてから読んだ中で、「これはおすすめできる!」という本を7冊選んできましたので、ご紹介致します。

ルーキースマート

 

 

仕事をしていると、こんなことを考えてしまうことありませんか?

たなか
先輩たちは、知識・経験・スキルがあって自分は全然ダメだ…

もちろん、そこから「先輩に追いつけるように、頑張ろう!」というのが、普通の発想なんですが、本書は全く違うアプローチを取るんですよね。

つまり、「知識・経験・スキルもないルーキーの特性を活かせば、ベテランに勝てんじゃね?」と考える訳です。

成功体験もないフラットな視点で仕事を見た時に、

  • このタスクって、そもそもやる必要ある?
  • このタスクって、このアプローチ以外にやり方ないの?
  • このタスクって、こういうやり方を取ればもっと付加価値加えられるんじゃない?

っていう素直な発想を持つことが、できるんですよね。

実は、常識で凝り固まった視点しか持てないベテランには難しい発想です。

もちろん、これ以外にもルーキーとしての強みは沢山あって、それらを知らないと強みを活かしきれないままベテランになり、強みを失います。

「新入社員としての強み」を活かした働き方を考えたい方には、非常におすすめできる一冊です。

Amazonでみてみる

DEEP WORK

 

仕事をしていると陥りがちなのが、

タスクを沢山やった=生産性高い

というとんでもない勘違いです。

生産性とは、アウトプット➗インプットで計算されるものですから、やたらアウトプットが多くてもそこにたくさんの時間を費やしていたら、生産性は低いです。

知識労働をするのであれば、重要な仕事に的を絞り、マルチタスクをやめて、集中して取り組むことが重要なわけです。

マルチタスクは生産性を低下させることは、実証済みなわけです。

たなか
じゃあ、実際どうやったら超集中状態で仕事に取り組むことができるの?

という疑問に、本書は回答してくれています。

本質的な仕事の取り組み方を知りたい方には、おすすめです。

Amazonでみてみる

 

ORIGINALS

新卒で入った会社でも、

  • 副業でも、お金を稼ぐつもり
  • 近い未来、起業しようと思っている

という方も多いと思います。

というか、時代の流れ的にはそう考えるのが普通だと僕は感じています。

副業・起業などを考えられている方は、テクニック本を読む前に本書を読むことをおすすめします。

  • 起業家は、実はリスクを避けている
  • 副業として、起業した方が成功率が圧倒的に高い

といったことが、データで証明されているのです。

こういったデータを知らずに、周りに流されて無謀なリスクをとると自分が痛い目にあいます。

起業を考えている方は、必読の一冊です。

Amazonでみてみる

超時間術

 

僕が勤めている会社にもいますが、仕事が速い人は毎日サクッと仕事を終わらせて、その運動したり趣味に取り組んだりしています。

一方で、「一体なぜ、そこまで時間がかかるんだろう?」というくらい残業体質な人もいます。

本書で解説されているのは、「時間に対して、どういう感覚を持っているか?」という視点です。

焦りをなくし、集中できるマインドを持つことができれば、自然と先延ばしがなくなり、時短で仕事を終わられるのです。

実際僕も本書で学んだことを活かしながら仕事をして、毎日定時退社しています。

Daigoさんのこちらの書籍は、科学的な根拠に基づいた理論から具体的な手法まで、ところん解説してくれて濃い一冊です。

時間管理を今一度見直したい人、一から学びたい人にはおすすめできる一冊です。

Amazonでみてみる

SLEEP

 

 

一定の生産性を保ちたいならば、毎日十分な質の睡眠が取れていることが非常に重要です。

知識労働であれば、体調は仕事に直結しますので、体調管理を徹底することも仕事の一部であります。

体調管理の中でも、睡眠の質はなかなか難しくて、僕も本書から学んだことを実践していき、やっとよく眠れるようになりました。

本書は、もちろん科学的根拠に基づいていて、睡眠の質を高める意外なアプローチが紹介されています。

たなか
最近ぐっすり眠れてへんなあ

という悩みを持てれている方、睡眠の質をもっと上げたい方にはおすすめです。

Amazonでみてみる

超ストレス解消法

 

 

学生の頃と違って、仕事をし始めるとやっぱり責任やプレッシャーでストレスが溜まります。

そういった時に、間違ったストレス解消法に走ってしまうと、さらにストレスを増強することになり、負の連鎖となります。

そういったことを避けるには、科学的に正しいストレス解消法を知っておくことがすごく大事です。

本書は(ちょっと怪しげな表紙ですが、)全て、本当に全て科学に実証された100のストレス解消法を紹介してくれています。

ストレス対処って、どうやったらいいか分からないんだよなあとか、自分のストレス解消法って合ってるのかなあと心配な方には、非常におすすめできる一冊です。

Amazonでみてみる

 

20歳のときに知っておきたかったこと

 

 

どうせなら後悔しない人生を送りたいというのは、誰しも思っているはずで、人の人生の教訓を学ぶことはすごく大事だと思うんですよね。

本書の著者ティナ・シーリグは、起業家育成などもされている方で、割とビジネス的な観点も含めながら、

たなか
20代はどう過ごしたらいいの?

という疑問を解消してくれています。

何となく生き方に迷いがあるんだよなあ、という方にはおすすめできる一冊です。

Amazonでみてみる

 

たなか
最後まで読んでくれてありがとね、気に入ったらシャアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です