見たい情報だけが手元に来るようになるアプリ4選【仕事中のネットサーフィンやめたい方におすすめ】

 

おはようございます、けんぞうです。

さて、昨日は「インターネットに振り回されている人って、奴隷だよね」みたいな荒い話をしました。

「奴隷から解放されるには、発信するしかない!」というのが今のところの結論なのですが、そうは言っても発信したく無い人も多いはず。

そんな方々は、自分にとって必要な情報を見極め、精査する必要があります。

という訳で、今回の記事では「情報を精査するのに役立つアプリ」をざっとご紹介していきます。

Feedly

情報精査系のアプリで最も有効なのは、やはり「Feedly」かと思います。

Feedly - Smart News Reader

Feedly – Smart News Reader
開発元:DevHD
無料
posted withアプリーチ

Feedlyでは自分が定期的に読んでいるブログ・メディアなどを登録しておくと、最新で更新された記事たちがアプリの中でストックされていきます。

イメージつきづらいと思うので、僕の例をあげます。

僕は「manablog」というブログをFeedlyに登録していて、最近更新された記事をこのようにざっとみることができます。

使い方は簡単で、右上の検索ボタンから登録したいブログ名などを入力して、「+」ボタンを押すだけ。

ちなみに、僕のブログはワンクリックで登録できるようにしてあるのでぜひー

けんぞうのブログをFeedlyに登録する

Pocket

以前に紹介したPocketも、情報を精査するにはかなり役立ちます。

Pocket

Pocket
開発元:Read It Later, Inc
無料
posted withアプリーチ

 

  • 今は時間がなくて、読めない。
  • あとでじっくり読み返したい。

みたいな場面で、サクッと記事を保存しておくことができます。

Evernote Web クリッパー

案外知られてなさそうですが、Evernoteも情報精査するために使うことができます。

Evernote web クリッパー」というChromeに拡張できるアプリがありまして、

  • 記事全体のスクショを撮れる
  • スクショは自動でEvernoteに保存される
  • スクショに注釈を添えるなど編集が簡単

みたいな感じで使いこなせるようになると、かなり便利です。

Webクリッパーをみる

IFTTT

 

IFTTTは、複数のアプリを連携させることができるアプリです。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted withアプリーチ

例えば、ツイッターとLINEを連携させる場合は、

〇〇さんがツイートしたら、LINEで通知を送って

のようにIFTTTで登録しておくだけで、その日から自動で送られてくるようになります。

アプリの使い方は簡単で、ダウンロード&登録が完了したら、以下のリンクから「Turn on」をクリックして完了。

好きなユーザーがツイートするとLINEに通知

他のも紹介しておくと、

Amazon Kindleのセール情報をLINEで受け取る

Pocketのお気に入り記事をEvernoteに保存する 

みたいな感じで色々と設定ができて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です