自信皆無だった私が、少しずつ自信を持てるようになった方法【再現性あり】

おはようございます。

昨日のアクセスが、一昨日のアクセスを超えられなかったことが悔しく2記事目を更新するけんぞうです。

さて当ブログを運営する私けんぞうは、非常に自信のない人間であります。

幼少期から自信満々で生きている未来のパリピ達に、尊敬と嫉妬を感じておりました。

そんな私でも、歳をとる中で何となく「自信の付け方」みたいなものを感覚的に学んで参りました。

という訳で、この記事では「自信のない人が、どうやって自信をつけるか?」について考えてみようと思います。

自信はどうやったらつくか?【結論から言います】

私なりの自信の付け方の結論としては、

自分のコントロール外のものを、

自分のコントロール下に置く

これしかないと思っております。

今までの人生で、ちょっとした自信が芽生えた瞬間を思い出してほしいのですが

  • 自転車に乗れるようになったとき
  • 勉強が少しできるようになったとき
  • 仕事が少しできるようになったとき

などかと思います。

これは、今までは自分の力ではコントロールできなかった事柄が自分のコントロール下に置かれている状況と認識できます。

今までは、どうにもならなかったことができるようになる状態は図で表すと以下のようになるイメージです。

⬆︎コントロール外にあったものが、自分のコントロール下に入る図

コントロールする対象を見極める【HARMの法則】

もちろん何でもかんでもコントロールできるわけは、ありません。(国の財政状態を私はコントロールできない)

何をコントロールしようかと悩む方に、「HARMの法則」をご紹介します。

HARMの法則とは、人間の悩みは4種類に分類できるという考え方で

  • H: Health (健康状態)
  • A: Ambition (夢やキャリアビジョン)
  • R: Relation (人間関係)
  • M: Money (お金)

この中で特に今自分がコントロールできていないものを特定して、それをコントロールできるようになる努力をすることです。

私の場合も、健康状態に関連するところで自分の体型をコントロールできるように週2回くらい筋トレをしています。


お金の悩みなんかも、一生つきまとうものですから、若いうちから資産運用を始めてお金に関する知識を身につけるべきでしょう。

私も先日証券口座を開設して、ETFへ少額投資してきました。始めるなら早い方がいいです。

お金について学べる本としては、以下の2冊がおすすめです。

 自分の人生をコントロールしよう。

という訳で、自分でコントロールできることを増やすことは、それすなわち自分の人生をコントロールすることです。

他人に人生のコントロール権を奪われては、いけません。

いきなり、全ては無理でも一つ一つ自分の支配下に置いていきましょう。

今日の自己啓発以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です