ネットサーフィンをやめられないない人に、Kindleサーフィンをおすすめしたい。【今すぐやろう】

こんにちは、けんぞうです。

当ブログでは、「集中するためには、Chromeの拡張機能を使ったりして、サイトをブロックするのが大事だよね」みたいな話をしていて、ネットとの付き合い方を考えています。

というわけで今回の記事では、ネットサーフィンをやめて時間を無駄にしないために僕が実践してる方法をご紹介します。

前提として、否定の習慣は身につかない

まず前提として、

否定の習慣は身につかない

これを認識しておくことが必要です。

つまり、「ネットサーフィンしないようにしよう!」というのは、意味がないということであります。

有名な話として、「黄色いゾウを思い浮かべないで!」と言われたら、もう黄色いゾウが頭の中にいますよね。

「〇〇しないぞ」と考えることは、「〇〇する」ことを一度経由する思考になり、意識が向きやすくなり逆効果なんです。

【Daigo式】悪い習慣は代替しろ

悪い習慣をやめたいなら否定の習慣を設定するのではなく、

習慣を代替する

これが最も有効な戦略です。

つまり今までネットサーフィンしてた代わりに、これをしよう!というのを決めておくのです。

代わりにやることを決めておけば、自分の意識はネットサーフィンではなく、代替された新しい行為に向くので有効に働きます。

習慣を代替する際は、以前にも紹介した「if-thenプランニング」も活用することをおすすめします。

つまり、「ネットサーフィンしたくなったら、〇〇する!」という形で、あらかじめif then プランニングのフォーマットに沿って行動を決めておくのです。

習慣作りに関しては、Daigoさんの過去の放送パレオさんの習慣記事がめちゃめちゃ参考になりますので、ぜひご覧ください。

書籍であれば、「良い習慣悪い習慣」が心理学の知見に基づいていて、これ一冊で習慣の知識は足りるかと。

おすすめはKindleサーフィン

僕が個人的におすすめしている代替する行動は、

kindleサーフィン

その名の通りkindleで購入した本をざっと読んでいくんです。

新しくkindleで本を買っていなかったとしても、昔読んだ本などを掘り返して読んでみると、新しい気づきがあるものです。

以前に投稿したちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」の書評も再読によるものです。他にも僕のkindleにはたくさん本が入っているので、kindleサーフィンが捗ります。

kindleで本をあまり買わないという場合は、kindle unlimited に登録しておくと良いでしょう。無料で良本を読み漁ることができます。


「活字はちょっとしんどいんだよね、、」という方は、オーディオブックを利用すると良いでしょう。

耳から良質な情報を仕入れることができます。

まとめ

さて今日の内容をまとめておくと、

  1. 否定の習慣は成り立たないよね、という前提理解
  2. 否定の習慣ではなく、悪い習慣は代替することが大事だよね
  3. kindleで本を読み漁るkindle サーフィンがおすすめだよ

というお話でした。

論理として理解できてもたぶん最初はなかなか難しいと思われます。

自分に合うように色々カスタマイズして使っていただければ良いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です