人のチャレンジを批判する人を徹底的に批判したい。【ぼくはカジサックを応援したい】

 

おはようございます、けんぞうです。

突然ですが、「カジサック」をご存知でしょうか?

先日キングコングの梶原さんが開設されたYoutubeチャンネルのことです。

本田翼さんに続き芸能界からのYoutube進出ということでちょっとした盛り上がりを見せる中、ちょっと残念だなと思ったことがあったので今日はそれについて書き留めておきます。

人のチャレンジを批判する人たち

僕が残念だなと思うのは、人のチャレンジを批判する人たちなんですよね。

梶原さんがチャンネルを開設して動画を投稿されたタイミングで、それを批判するような動画がめちゃめちゃ上がってるんですよ。

誰かが新しいことをしようとすると、なぜかそれを頭ごなしに否定する人って必ず一定数いるんですよね。

人のチャレンジを批判する

この行為について、今回の梶原さんの例でいえば、それを批判する動画をあげることで話題性に乗って自分の動画再生回数を増やせるというメリットこそあれ、それを除けばほぼデメリットしかないと思うんですよね。

人を批判することで、自分の生き方が狭くなる

人のチャレンジを批判することの最も大きいデメリットは、自分の生き方が狭くなることだと思うんですよね。

人を批判する行為は、「私はあなたと同じことはしませんよ」という前提のもと行われるものだと思います。

例えば僕の友人がユーチューバーになったとして、それを僕が笑ったり批判したりしたら、僕は一生Youtubeを始めづらくなりますよね。

同じように笑われるのが怖くなるし、過去の自分の発言と矛盾することになるから。

つまり人の挑戦を笑う人は、自分の生きる選択肢を自ら消しているようなものなんですよ。すごく人生損をしていると思います。

批判する文化は、社会全体に不利益。

ちょっと話を膨らませると、こういう人を批判するのが当たり前の文化になってしまうと社会全体としても大いに不利益だと思います。

上述の通り、批判してしまった人は人生の選択肢を削っていますし、批判する人の目が怖くてチャレンジが出来なくなる人もいる。

「人の目なんか気にするな」っていうのは、実際なかなか難しいですからね。周りの視線なんて本能的に気になるものですから、簡単にはできません。

チャレンジ出来ない人が増えてくると社会全体として不利益になってしまうことは、明白です。

つまり、人を批判するなんてさっさとやめるべきです。

チャレンジする大人は、カッコいい。

何であれ、新しいことにチャレンジしていく大人はカッコいいと僕は思います。

意識高めでついて行けなくても、内容がよく分からなくても、新しいことにチャレンジしている人をみたらそっと応援してあげましょう。

ちょっとだけ生きやすい世の中になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です