JINSが作る超集中環境「Think Lab」がアツイ!料金や設備を解説

おはようございます、けんぞうです。

内向型の性格について触れた記事でも書いた通り、内向型の人の多くは外的な刺激に敏感です。

そのため、多くのオフィスは僕たち内向型にとってノイズが多く集中しにくいため、最高のパフォーマンスを発揮できないのです。

しかし、メガネで有名なJINSが手掛ける「Think Lab」を最高のオフィスと言えましょう。

今回の記事では、世界で最も集中できる環境として注目を集めているJINSの「Think Lab」についてご紹介していきます。

DEEP THINK を生み出す超集中環境

Think Labは科学的根拠に基づいて設計された、誰もが集中して仕事や勉強に取り組める場所です。

Think Labは、予防医学の専門家石川善樹氏が監修として参画しており、さまざまな科学的な根拠に基づいて施設全体が設計されているのです。

Think Labは神社仏閣の構造をもとにしてデザインされた空間で、適度にストレスがかかる状態とリラックスできる状態を1つの場所で共存させているのだそう。

集中を生み出す様々な工夫

椅子もこだわりが効いていて、収束思考と発散思考など目的に応じて姿勢を変えることで最適な集中状態を作り出すことができるそうです。

また椅子は3列に配置されており、利用者の視線が交わることで集中が阻害されないように植物などが設置されています。

利用者にはJINS MEMEといおう集中を計測することができるメガネの無料貸し出しもされております。(JINS MEMEについてはこちら)

さらに、施設内には集中を維持しながらも空腹を満たすことができる「低GI食品」が揃えられていて、これらも無料で利用することができます。

さらに事前予約制のマッサージルームなどもあり、疲れた体のコリをほぐしてもらうこともできるんですなあ。

料金案内

さてそんな「Think Lab」ですが、気になるお値段はこちらです。

  • 初回登録料:5000円/人
  • ドロップイン:1500円/時
  • オープンデスクメンバー:70,000円/月
  • プライベートデスクメンバー:300,000円/月

施設が完備されているだけあって、やはりお高いですなあ。サクッと出せる金額ではありません。

ただ、法人利用も可能ですのでスタートアップが仕事やミーティングをするのには悪くないのでは、と思われます。

以上です!今日も良き1日を。

画像参照元:Think Lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です