メンタルを崩壊させるSNSランキング

僕たちの注意を奪ってくるSNSにどう対処すべきか、というのは僕たち世代の切迫した問題かと思います。

メンタルに悪いSNSランキングという公衆衛生王立協会の研究がありましたので、こちらを参照して利用を停止するなど対処していけばよろしいかと思われます。

この研究では、14歳から24歳の1479名が対象となっていて、

  • 信頼できる健康情報へのアクセス
  • 感情的なサポート
  • 不安感情
  • 鬱的な感情
  • 孤独感
  • 睡眠の質
  • 実社会の関係性

などにSNSがどのように影響するかを調べていきました。

メンタルに悪影響を与えていた順に並べると、

  • インスタグラム
  • スナップチャット
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Youtube

という結果になりました。

最もポジティブな結果だったYoutubeは健康情報へのアクセスの値が高かったり、自己表現の場として使えたりというメリットがあるそうです。

実際僕も筋トレのフォームとかが分からない時は、Youtubeで調べたりしているのでこの辺りは頷けるところであります。

そういったメリットがあるYoutubeですが、一方で睡眠の質を爆下げしてしまうところが難点であります。確かに寝る前にだらだら観ちゃうよな〜と、これも頷ける(笑)

今回メンタルを崩壊させるSNSランキング一位のインスタグラムは、睡眠の質を下げるのはもちろんのこと、孤独感や不安感情などにも影響していて結構やばい感じであります。

僕も一時期インスタをやっていたので分かりますが、他の人の投稿を見過ぎてしまうと、

「みんな、めちゃめちゃハッピーやないかい!」

「それに比べて、おれは…。」

みたいな思考になってしまいがち。(僕だけやったら、ごめん)

まあどれをとっても閲覧だけで利用するのはメリットより、デメリットが上回るかと思われます。

使うのであれば何らかの情報を発信したりして、自分本位で使ってメリットを回収するのが良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です