幸せになりたいならモノよりも「経験」を買いなさい |「幸せをお金で買う」5つの授業 エリザベス・ダン

先日「幸せをお金で買う5つの授業」を読了しました。幸福度を高めるための「お金の使い方」について書かれた一冊で、大変ためになったのでここらでまとめておきましょう。

本書概要

本書ではお金の使い方として、

  • 経験を買う
  • ご褒美にする
  • 先に支払って後で消費する
  • 時間を買う
  • 他人に投資する

の5つの分類で紹介されています。

著者はエリザベス・ダンさんと、マイケル・ノートンさんで、ノートンさんは「どうやってお金で幸せを買うか」というまさにこの本と同じテーマでTEDにも登壇されています。

モノ消費による満足度の限界。

1章で解説されているのが、「モノ消費による満足度は限界があるぞ」という話で、

  • モノ消費による満足度は、時間とともに飽きてきて低下する
  • 見逃されがちだが、モノの所有には手間がかかる(マイホームやマイカー)
  • モノ消費の満足感は経験と異なり他人と共有できないので、満足度に限界がある。

などなど。ミニマリストなんかも流行ってますので、この辺りは時代的にみんな勘付いているところなんだろうなと思います。

モノよりも「経験」を買いなさい。

本書の主張としては、「モノを買う代わりに経験を買いなさい」という感じ。

モノ消費の満足度は限界がある一方で、経験消費はメリットがたくさんあるとのこと。

  • 経験を通して社会的繋がりを得られることで、より幸福を感じられる。
  • 経験を他人と共有することで、時間の経過によって満足度が低下しない。
  • 経験的な事柄にお金を使う人の方が、心が広く、知的で、外交的と見られやすい。

などなど。

ボランティア活動などに交通費を支払ってまで参加する人がいたり、「リーボック スパルタンレース」のようなただ泥まみれになるだけのレースにお金を支払ってでも参加したい人がいるのは、それによって経験消費は社会的な繋がりが連想させるからということですねえ。

あなたが思うほど、あなたは見られていない。

とは言え、周りに見せびらかしたいという欲でやたら高価な時計を買ったり、車を買ったり、マイホームを買ったりする人は一定数いますよね。

しかし、残念ながら僕たちは僕たちが期待するほど周りから注目されていません。これは心理学で「スポットライト効果」と言われているものです。

つまり周りはあなたにほとんど注意を払っていないので、無駄に高価なものを買ったところであなたの本来の目的「見せびらかし」は達成されないということ。残酷ですねえ

まとめ

  • モノ消費は時間とともに飽きるので、費用対効果が悪い
  • 経験消費は時間ともに満足度は薄れることなく、むしろ高まる
  • 高価なモノを買ったところで、周りはあなたに注意を払わないので「見せびらかし」の欲は 満たされない。

結局のところ、休みの日は積極的に外に出かけて体験した方が良いということですな。アウトドアで過ごすほど睡眠の質も高まりますし、自然との触れ合いはマッサージよりもストレスに効きますし、人間関係はメンタルにめちゃくちゃ重要ですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です