田中けんぞうのプロフィール

 

ブログ運営者紹介

たなか
初めまして!当ブログを運営している田中けんぞうです!

ざっくりと私の特徴をあげていくと、

  • 読書が好き。
  • 科学的知識が大好物
  • IT系の企業で働いている

今まで読んだ本などは、「本棚」にまとめていますので、興味あるかたはご覧ください。

田中けんぞうの過去紹介

ここからは、私田中けんぞうがどのような人生を送って来たのか?をご紹介します。

たなか
興味のないかたは、読み飛ばしてね!

改名を望む幼稚園児けんぞう

幼稚園の頃から、少々内気な人間でした。

幼稚園まで女の子とと手を繋いで行く、という登園方法で毎日照れていたのを覚えております。

少数ですが、気の知れた友人と遊んだりと楽しく生活してましたが、当時は「けんぞう」という名前が珍しいことでからかわれたりと、なかなかメンタルが安定しない時期でもありました。

たなか
「けんすけ」あたりに改名できないかな。。。

と当時は本気で悩んでおりました。

陽気キャラに変身する小学生けんぞう

小学生になった僕は、何を思ったか大幅にキャラを変更しました。

超陽気キャラになったのです。本当ですよ。

当時は、両親と土日に吉本新喜劇をテレビで見ていましたから、そこからネタを引っ張って来て、クラスでお披露目するのです。

笑いのツボが浅い人が周りに多かったせいか、笑いのセンスがありすぎたせいか、どっかどっかウケておりました。

まあ、その後キャラを修正することになるのですが、未だシュールな笑いを取りに行くことに定評があるのは当時の経験が生きているのかも知れません。

グレる中学生けんぞう

そして、時はながれけんぞうは中学生になりました。

中学時代を一言で言うと、グレてました。はい、これも本当です。

僕は周りに流されやすい」にも書いた通り、僕は超環境依存型人間で、場所によっては陽キャラにも、陰キャラにも、ヤンキーにもなれるのです。

と言うわけで、たくさん悪さをしまして、地元警察・学校職員・両親に多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。

色々ありまして、両親を泣かせてしまった日から

たなか
あ、これはあかんわ。

と言うことに気がつき、猛烈に勉強し、同級生をバッタバッタとごぼう抜きして、地元ではそこそこ偏差値高めの高校へ合格しました。

クラスで友達が一人もできない高校生けんぞう

さて、そんなわけで高校生になったけんぞうですが、なぜかお高くとまっておりました。

たなか
まあ、おれは黙ってても友達できるっしょ

というハイパー勘違い楽観主義を貫いた結果、クラスで友達が一人もできませんでした。

振り返ってみると、よくその状況で生きてこれたなと、自分の生存能力の高さにある意味感心します。

とはいえ、友達完全にゼロだったわけではなく、部活を通じてできた友人が精神的な支えでありました。

そして一生懸命勉強するも、成績が伸び切らず、私立大学へ入学します。

ブログをはじめる大学生けんぞう

さて、大学生になったけんぞうは最初の1、2年間は何も考えずに生きていました。ホント、バイトのシフトしか頭になかったです。

3年生くらいから就職を意識し始めると同時に、何をやりたいかが全くわからず、迷走しました。

この頃から「いかに自分が思考停止していたか?」に気がつくようになり、色んなことを知りたくて本を読み始めました。

たなか
知識を得るって楽しい!

と思い始めたのもこの頃で、読書の習慣は今でも続いています。

割とガチで読書で人生変わってきた。

そんな訳で読書をする習慣は、今でも続いている訳ですが、それはひとえに

たなか
読書で得た知識で、リアルに人生変わってきなあ

という実感があるからなんですね。

もちろん、僕は普通の会社員であり、何者でもないのですが、主観的な幸福度が読書をしていなかったころよりも断然高いんですよ。

おそらく客観的に見ても、行動経済学の知識を実践したことで目標達成率も高まりましたし、心理学の手法を取り入れることで自制心も強くなりました。

そして、僕が今確信していることは

科学的な知識を実践すれば、人生は確実により良いものにできる

ということです。

だからこそ、僕は自分の人生でも役に立ってきた科学的知識をこのブログで発信しようと思う訳です。

けんぞうの知識メモってどんなブログ?

まあ、そんな感じで生きて来た私けんぞうが運営する当ブログが提供しているのは、もちろん「知識」です。

主に、

  • 心理学
  • 行動経済学
  • 脳科学
  • お金
  • ビジネス系

以外にも、生活をちょっと便利にするようなお役立ち情報なんかも発信していきます。

たなか
最後まで読んでくれて、ありがとね。「本棚」から記事を探すのが、おすすめだよ。

2 Comments

けんぞう

おお!かいちゃん読んでくれてると思ってなかったから、ばり嬉しい!ありがとう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です